■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
韮山反射炉
047_convert_20170822151104.jpg 051_convert_20170819103947.jpg

世界遺産
国指定史跡
韮山反射炉

韮山反射炉は、韮山の代官江川太郎左衛門英龍(担庵)らにより、安政元年(1854年)に着工、同4年(1857年)に完成した洋式の金属溶解炉である。
18~19世紀におけるアジア近隣は、西欧諸国の力による進出で、国権さえ危うくする事態が諸所に起きていたが、鎖国政策により海外への目を閉ざされていた日本は、表面泰平をむさぼる状態にあった。
先覚者担庵はこれを深く憂え、国防特に海防の必要性を強く訴え、幕府に対し江戸湾防備の具体策を建言してきたが、やがて幕府の容れるところとなり、品川沖に台場を構築し、大砲を据え、侵入する異国船を打ち払う方針が打ち出された。
台場据え付けの大砲は、従来のものより長射程で堅牢、かつ価格の低廉さが要求され、この条件を満たすためには、鉄製で口径長大なる砲の製作が必要となった。
かねてより、このことあるを予想し、夙に研究と準備を進めてきた担庵は、幕府の裁許が下るや直ちに反射炉築造に着手するが、不幸にして安政2年1月病没、その意思を継いだ子の英敏らにより完成することとなる。
しかし、度々の天災や粗悪な銑鉄使用の弊害等が重なり、鋳砲の成功までには並々ならぬ困難があったと諸記録に見える。
炉が反射炉と呼ばれる所以は、燃焼ガスの反射熱を利用して金属を溶解する方式によるもので、幕末期わが国ではいくつかの反射炉が作られている。
しかし現存するものとしては、山口県萩と韮山のみ、また当時の姿をほぼ完全な形で残すものとしては韮山反射炉をおいて他に例はない。
更には、産業革命の進む西欧では、間もなく効率の良い高炉の発達により、反射炉は短期間に消滅していったところから、反射炉の実態を知る上で、世界的にも貴重な遺産として捉えることができよう。
近時わが国の鉄鋼業は、世界に冠たる業績を挙げてきたが、これも反射炉築造に挑んだ先人達の意気と、粒々辛苦の教訓が、今に受け継がれているものと思われる。

(説明板より)


韮山反射炉の構造

反射炉は、鉄を熔解する炉体と煙突から構成されている。
煙突は、高さ(出湯口地盤から)15.7mで、上部にいくほど細くなっているが、内部は同じ大きさで、人が1人はいれるほどである。
15.7mの高さを必要としたのは、燃焼時にふいごなどの人力にたよらない自然送風を確保するためである。
この反射炉の築造技術は、幕末に長崎を通じて輸入されたオランダの大砲鋳造法を翻訳して取り入れたもので、韮山反射炉の構造は、この原書に残された図面とよくにており、当時の技術伝搬をよく示している。
また、松杭の基礎事業にみられるとおり、当時の土木技術レベルの高さを示す貴重な産業記念物である。
創業当時は、煉瓦の上に漆喰を塗りこめた白亜の塔であった。
現在の鉄骨は、耐震補強用に取りつけたものである。

(説明板より)


【静岡県伊豆の国市中字鳴滝入268】



史跡 | 10:09:08 | Comments(0)
野戦重砲兵第2連隊跡
031_convert_20170818162003.jpg 024_convert_20170818161929.jpg

野戦重砲兵第二聯隊跡

略歴

明治二十三年要塞砲兵大隊として神奈川県浦賀に創設
爾来野戦重砲兵第二聯隊と改称
大正八年十月三島に移転
大正天皇 今上陛下の行幸を仰ぎ日清、日露、日独戦役、上海事変、支那事変、大東亜戦争等に参加
昭和二十年八月終戦聯隊の跡を永く残すため、此の地に記念碑を建つ

昭和四十七年十月一日
野戦重砲兵第二聯隊
   関係有志一同

(碑文より)


【静岡県三島市・市立北中学校】



史跡 | 17:18:43 | Comments(0)
野戦重砲兵第3連隊兵営址
013_convert_20170818160051.jpg 012_convert_20170817131023.jpg

野戦重砲兵第3連隊兵営址

野戦重砲兵第三聯隊は当初紀州深山の地に誕生し大正九年十一月五日此の処に転営す
終始十五糎榴弾砲を装備とし初は輓馬後に自動車を以て牽引せり
尓来星霜四十年 訓練に実戦に常に軍の骨幹たるの重責を果たし昭和廿年ビルマ及チモールに於て解隊す
此の間死生相許したる戦友実に三万を越ゆべし
その士どもの夢の跡 東西四百南北凡そ七百米に亘る兵営の址
歳と共に面影を失うに至るを歎き残存有志相図って茲に碑を刻し以て永く記念とするもの也

昭和四十年三月十日
元野戦重砲兵第三聯隊出身 愛鷹会員有志一同
撰文並書 元大隊長 本田森造

(碑文より)


【静岡県三島市・市立北幼稚園】



史跡 | 15:58:40 | Comments(0)
史跡 楠木正成公戦歿地
DSCN4620_convert_20170801114434.jpg DSCN4615_convert_20170801114313.jpg

史跡 楠木正成公戦歿地

指定区域 四百十三坪九合

指定年月日 昭和26年6月9日

由緒
此の地は延元元年(西暦1336年)5月25日楠本正成公(大楠公)が一族16騎、郎党60余人と共に自刃せられた所である。
明治元年(1868年)明治天皇は大楠公を千載の一人、臣子の亀鑑として鎮祭すべき旨仰せ出され此の地を含めたところに湊川神社が創建せられたのである。

(説明板より)


【兵庫県神戸市中央区・湊川神社】



史跡 | 16:16:27 | Comments(0)
日本最古 湊川神社オリーブ樹
DSCN4610_convert_20170731105605.jpg

日本最古 湊川神社オリーブ樹

日本のオリーブの歴史は明治の富国強兵・殖産興業政策に端を発します。
当時政府は有用植物栽培研究に乗り出し、外国産植物を積極的に栽培し、輸出の拡大を図りました。
そこで明治6年、ウィーン万博の事務副総裁・佐野常民が初めて日本にオリーブ樹を持ち帰り、兵庫県勧業場「神戸植物試験場」(現在の県公館附近)に植付けされました。
次に明治11年、パリ万博の事務長・前田正名が持ち帰ったオリーブ樹は内務省三田育種場神戸支園(現在の北野ホテル付近。後に「神戸阿利襪園」となる。)に植付けされました。
当社のこのオリーブ樹は、明治末期、両植物園が共に閉園を迎えた際に当社に移植されたものである、といわれていますが、どちらの園のものかは未だ定かではありません。
佐野常民・前田正名の両人と、当湊川神社初代宮司・折田年秀は大変親交篤い仲でした。
折田は珍しい植物を大変好んだ人で、佐野氏がユーカリなど多数の植物を折田宮司に寄贈したこと、前田氏にも様々な木苗の注文をしていたことなどが記録に残っています。
両人に縁ある植物園が閉園するにあたって、珍しいオリーブ樹が当社に移植されたことは想像に難くないのです。
同時代のオリーブ樹は、加古川の宝蔵寺以外、他に国内に現存することが確認されていません。
樹齢百数十年、日本最古のオリーブ樹のうちのこの1本は、歴史を見守りつつ毎年撓わに実を結び続けているのです。

平成27年 湊川神社社務所

(説明板より)


【兵庫県神戸市中央区・湊川神社】



史跡 | 14:01:50 | Comments(0)
徳川光圀公御像並頌徳碑
DSCN4606_convert_20170801170924.jpg

徳川光圀公御像並頌徳碑

徳川光圀公は元禄4年(1691年)水戸の藩主を辞して西山荘に隠退し大日本史の編纂に着手されたが翌元禄5年大楠公(楠木正成公)を景仰して「嗚呼忠臣楠子之墓」を建立し其の御盛徳を天下に顕彰された。
湊川神社において此の御功績を追慕して御像の建立を発願し、委員長に小倉正恒氏を戴いて昭和30年7月11日に完成したものである。


頌徳文起稿 徳富蘇峰氏
銅像原型制作 平櫛田中氏
御像鋳造 伊藤忠雄氏

(説明板より)


【兵庫県神戸市中央区・湊川神社】



史跡 | 13:51:24 | Comments(0)
楠木正成公墓碑
DSCN4598_convert_20170731105422.jpg

史跡 楠木正成公墓碑

指定区域 三百六十四坪四合

指定年月日 昭和26年6月9日

由緒
此の墓碑は延元元年(1336年)5月25日御殉節せられて後、150年余を経た元禄5年(1692年)12月21日徳川光圀公によって建立せられたものである。
碑面八文字「嗚呼忠臣楠子之墓」は光圀公筆にして碑陰に明の遺臣朱舜水の撰文を彫す。

(説明板より)


【兵庫県神戸市中央区・湊川神社】



史跡 | 12:58:58 | Comments(0)
湊川神社
DSCN4594_convert_20170801150346.jpg DSCN4608_convert_20170731105538.jpg

湊川神社(みなとがわじんじゃ)

御祭神
(主神) 楠木正成公(くすのきまさしげこう)(大楠公)(だいなんこう)
(配祀) 楠木正行卿(くすのきまさつらきょう)(小楠公)(しょうなんこう)及び湊川の戦で殉節された楠木正季(まさすえ)卿以下御一族16柱並びに菊池武吉(きくちたけよし)卿
摂社 甘南備(かんなび)神社(御祭神、大楠公夫人)

由緒
大楠公は、元弘元年(1331年)9月に後醍醐(ごだいご)天皇の命に従い挙兵、やがて鎌倉幕府を崩壊に導き、「建武中興(けんむのちゅうこう)」に大きな功績をあげられた。
しかし、謀叛により一時九州へ敗走した足利高氏の大軍を、大楠公は、ここ湊川で迎撃、激戦の末、延元元年(1336年)5月25日、弟正季卿と「七生報国(しちしょうほうこく)」を誓って刺交し、殉節を遂げられた。
その後御墓所は、豊臣秀吉検地の際、免租地とされ、江戸時代初期には摂津尼崎城主・青山幸利(あおやまよしとし)公によって松と梅が植えられ、五輪の供養塔も建てられた。
更に元禄5年(1692年)、水戸光圀(みつくに)公(義公)(ぎこう)によって、墓碑「嗚呼忠臣楠子之墓(ああちゅうしんなんしのはか)」が建立、大楠公の御盛徳が天下に顕彰された。
これにより、大楠公景仰の気運が愈々高まり、やがて維新回天への力強い精神的指導力となった。
そうした幕末から維新にかけて、尊崇して已まない大楠公、その御神霊を奉斎したいという国民運動が盛んになり、明治元年(1868年)4月、明治天皇は、神社創祀(そうし)の御沙汰書(ごさたしょ)を下された。
よって明治5年(1872年)5月24日、社名を「湊川神社」とし、初めての別格官幣社(べっかくかんぺいしゃ)に列せられ、同日鎮座祭、翌25日楠公祭が斎行されて、ここに湊川神社が創建された。

御盛徳
大楠公は、智・仁・勇の三徳を備える非常な人格者で、聖人とも仰がれた武将であった。
大楠公の忠誠と正義とを以て貫かれた精神は、楠氏一族子孫に至るまで受け継がれ、日本史上これほど偉大な影響を後世に及ぼした人はない、と言われるほど、その後の国民に大きな感化を与えたのであった。

(説明板より抜粋)


【兵庫県神戸市中央区多聞通3-1-1】



史跡 | 11:01:55 | Comments(0)
一宮神社の手水舎
DSCN4586_convert_20170726202529.jpg DSCN4587_convert_20170726224345.jpg

旧大和郡山城主本多忠直公御門
宝永7年3月作(西暦1710年)
奉 唐破風造古門一宇
芦屋市 中村準祐

(木札より)


この手水舎の唐破風の建物は今から278年前宝永7年(西暦1710年)大和郡山(現在の奈良県郡山市)城主本多忠直公の御門であります。
昭和20年まで北野町1丁目(現六甲荘)の中村準祐邸の御門として大和郡山より移築されておりましたものを当神社へ寄進されました。
本多家は徳川氏四天王の随一松平親氏の時代から仕える三河譜代に属します。
三葵の紋を賜りこれに茎をつけ立葵を家紋としています(当建物の鬼瓦の紋)。
本多家からは、忠勝(桑名城主)忠政(姫路城主)政朝(姫路城主)忠義(白川城主)政利(明石城主)等多くの城主が出ており、忠政は家康の孫女を娶りその嫡子忠刻は有名な千姫を娶っております。

昭和63年8月
一宮神社社務所

(説明板より)


【兵庫県神戸市中央区山本通1-3-5・一宮神社】



史跡 | 14:50:28 | Comments(0)
高田屋嘉兵衛埋葬地
DSCN4577_convert_20170726202003.jpg

高田屋嘉兵衛埋葬地

1818年(文政元年)、事業を弟達に譲り郷里都志に引退した嘉兵衛は、都志八幡神社随神門の寄進や灌漑用井堰の築造・都志港などの修築等郷土の開発に尽くした。
しかし、1827年(文政10年)4月5日(太陽暦4月30日)、病のためその波乱に満ちた生涯を閉じ、ふるさとを見下ろすこの地に手厚く埋葬された。
墓碑は多聞寺に祀られている。
享年59才。

法号 高誉院至徳唐貫居士

葬儀は、都志の長林寺で執り行われたが、この地への葬送の列は道中途切れることなく、まだなお寺の境内にあふれていたと言われ、嘉兵衛の人望とその偉大な業績が偲ばれる。

(説明板より)


嘉兵衛の里めぐり 健康ウォーキングコース
②高田屋嘉兵衛翁埋葬墓地
―茅生の隈―

高田屋嘉兵衛翁は、郷里の都志に帰って9年後の文政10(1827)年4月に病死。
遺体は「茅生の隈」に埋葬されました。
享年59歳。
墓には長い石材を使った石室が造られているようです。
翁の左側には、弟金兵衛も眠っています。

語り草
「遺体は甕の中で朱につけられているんやぜー」

五色町・五色町教育委員会
高田屋嘉兵衛翁顕彰会

(説明板より)


【兵庫県洲本市五色町・高田屋嘉兵衛公園】



史跡 | 13:20:25 | Comments(0)
日露友好の像
DSCN4528_convert_20170726193738.jpg

日露友好の像

この日露友好の像は北海に雄飛し壮大なドラマを展開した高田屋嘉兵衛翁の没後百七十年と日露国交回復四十周年を記念して、嘉兵衛翁に寄せる多くの人々の熱い思いを結集し、ロシア芸術会会員の彫刻家に依頼し制作鋳造、翁が心血を注いで開拓したクナシリ島から搬入した岩石を台座として建立したものです。
江戸時代の後期、北の海域の緊張が高まりつつあった1811年、幕府によって捕らえられたロシア海軍ディアナ号艦長ゴローニンの身代わりとして、翌年クナシリ島沖を航行中の嘉兵衛翁がロシア艦に拿捕され、厳寒のカムチャッカに連行されましたが、これを好機としてとらえ、異国語の壁、乏しい食糧、同行水夫の病死など、重なる困難を乗り越えて両国の和平を説き、放免後は幕府を説得してゴローニン釈放の立役者となり、日露武力衝突の危機から国難を救いました。
ゴローニン提督は、ロシアに帰国後、「日本幽囚記」を著し、嘉兵衛翁を評して「この世で最もすばらしい人物」と称えて、翁の肖像画を残しています。
親しい会談を希望しながら、存命中遂に実現できなかった二人の邂逅の姿を再現し、日露友好の永遠のシンボルとし、またこの公園のモニュメントとして、函館・根室の礎を築き、さらにクナシリ・エトロフ等、北の大地を拓くと共に、郷里の発展に尽くした不滅の業績を後世に語り継ぐ一里塚となることを心から祈念する次第です。

平成8年8月21日
兵庫県五色町長 砂尾 治

(碑文より)



【兵庫県洲本市五色町・高田屋嘉兵衛公園】



史跡 | 12:59:28 | Comments(0)
映画『瀬戸内少年野球団』モニュメント
DSCN4516_convert_20170726193636.jpg DSCN4525_convert_20170726213548.jpg

映画『瀬戸内少年野球団』モニュメント建立趣旨

五色町出身の作詞家 阿久悠氏の自叙伝的小説『瀬戸内少年野球団』が淡路島を舞台に映画化され、昭和59年夏に公開、大ヒットをとばしました。
この映画は、敗戦直後の混乱期を野球に夢を託しながらたくましく生きようとした先生と子供たちの姿が実にさわやかに映し出され、人々の感動を呼びました。
そしてまた、戦後40年ちかくを経て、ややもすれば忘れかけていた当時の世相や生きざまを強烈に呼びおこし、現代日本の繁栄をもたらしたエネルギーの原泉をつぶさにかいまみる想いを抱かせました。
永かった昭和の時代に別れを告げ、平成の世に移り変わったこの機に、その当時のもようを永く人々に語り続けてもらうとともに過ぎ去りし激動の昭和の時代を記念するモニュメントの建立を発起しました。
平和日本のますますの繁栄と合わせて「夜明けの活力」にあやかり、今後の町おこしにつながっていくことを祈念してやみません。

平成3年5月吉日
五色町長 斎藤 貢

(説明プレートより)


【兵庫県洲本市五色町・高田屋嘉兵衛公園】


 


史跡 | 11:31:11 | Comments(0)
大楠公六百年斎行記録之碑
DSCN4488_convert_20170710141510.jpg DSCN4491_convert_20170709215057.jpg

大楠公六百年齋行記録之碑

昭和九年建武中興六百年ニ會シ湊川神社社頭新装成ル十一月兵庫縣竝神戸市ノ官民胥謀リ六百年大祭奉賛會ヲ起シ至誠恭敬ヲ■シテ大祭ヲ齋行シ公ガ精神ノ宣揚時勢ノ匡救ヲ策シテ各種ノ記念事業ヲ議決シ役員ヲ委嘱ス十年一月祭費ヲ勧募スルヤ神戸市會ハ率先資金獻納ヲ可決シ尋テ兵庫縣亦獻資朝野ノ有志競ウテ之ヲ翼賛シ崇敬ノ實豫期ノ額ヲ超ユ神徳■焉民心感奮明ニ祀典ニ顕現ス事 天聴ニ達シ祭■料若干ヲ下賜各宮殿下亦幣帛ヲ獻ス大祭ハ五月二十五日ノ正辰ヲ以テ奉行ス其ノ前祭後儀尚荘重殷盛ヲ極ム天之ニ幸シ期間多ク快晴真ニ神人感■上下和楽克ク奉仕ヲ終ル殊ニ大祭當日海軍軍楽隊ハ呉鎮守府ヨリ来リ列シ吹奏ヲ奉事シ軍艦天龍特ニ警備ノ為扇港灣頭ニ投錨ス参列ノ縉紳實ニ四千五百名二十六日神輿東ハ灘區に幸シ一夜輦ヲ大倉山行宮ニ駐ム市民歓呼シ各種ノ演技ヲ奉奏ス翌日更ニ西方須磨ヲ巡シテ還幸扈衛ノ官民三千有餘鹵簿ノ編成供奉ノ調度悉ク新制ナリ蓋シ前古未曾有ノ盛観沿道奉拜ノ人ヲ以テ■ム
嗚呼 公ノ英霊昭和聖代ニ更生シ神縁愈々厚ク幽契益々深キヲ想フ洵ニ恐懼感激ニ堪ヘス■■別録ニ在リ即チ要ヲ■刻シ敢テ後業ニ傳フト云爾

昭和十年八月

大楠公六百年大祭奉賛會長 勝田銀次郎

(碑文より)


【兵庫県神戸市兵庫区・湊川公園】



史跡 | 16:12:48 | Comments(0)
大楠公銅像建設碑
DSCN4486_convert_20170709215009.jpg

大楠公銅像建設碑

昭和十年五月二十五日大楠公六百年祭ヲ神戸市ニ擧行スルニ當リ其史蹟地ニ公ノ神威ヲ讃仰スヘキ形像ナキヲ遺憾トシ■陣四十年ノ恩澤ヲ報謝スル為我社其唱首トナリ朝野官民多數ノ翼賛援助ヲ得兵庫縣民ノ總意ヲ求メ零碎ノ資金ヲ多數ノ浄財ニ仰キ公奮戰ノ遺蹟タル湊川公園ニ公ノ銅像建設ノ擧ヲ發表シタル■募財ニ應スルモノ約十五萬人其資参萬貮百貮拾貮圓四十八銭ニ達ス銅像ノ原型ハ帝國美術院會員齋藤素巌氏ノ製作ニ係り武装武具ノ考證ハ東京關保之助氏臺座ハ神戸石松石材工業所臺座表面ノ文字ハ神戸市長勝田銀次郎氏ノ敬書裏面ノ撰文ハ我社ノ手二成リシモノヲ漢詩人成田松坡氏ノ謹書セルモノ地鎮祭ハ昭和十年三月二十日除幕式ハ同年五月二十二日之ヲ擧行同七月一日ヲ以テ神戸市ニ寄贈シタルモノナリ記シテ建設ノ由来ヲ明カニス

昭和十年七月  神戸新聞社

(碑文より)


【兵庫県神戸市兵庫区・湊川公園】





史跡 | 15:05:33 | Comments(0)
西川鯉三郎免許の跡
DSCN4466_convert_20170704170757.jpg

西川鯉三郎免許の跡

初代西川鯉三郎は文政7年(1824)江戸に生まれた。
天保12年(1841)18歳のとき、父と共に名古屋に移り、舞踏一筋に打ち込み、31歳の頃から名古屋の芝居小屋の振付師として活躍した。
この間、篠塚流・坂東流などを学び、また能などの長所をとり入れて、名古屋西川流を確立した。
安政7年(1860)正月19日、「御免踊指南(ごめんおどりしなん)」の公許を得た。

名古屋市教育委員会

(説明板より)


【愛知県名古屋市中区丸の内3丁目16-3】





史跡 | 11:04:07 | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。