FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

藪下通り
DSC08828.jpg


藪下通り(やぶしたどおり)
本郷台地の上を通る中山道(なかせんどう)(国道17号線)と下の根津谷(ねづだに)の道(不忍通り・しのばずどおり)の中間、つまり本郷台地の中腹に、根津神社裏門から駒込(こまごめ)方面へ通ずる古くから自然に出来た脇道(わきみち)である。
「藪下道(やぶしたみち)」ともよばれて親しまれている。
むかしは道幅もせまく、両側は笹薮(ささやぶ)で雪の日には、その重みでたれさがった笹に道をふさがれて歩けなかったという。
この道は森鴎外の散歩道で、小説の中にも登場してくる。
また、多くの文人(ぶんじん)がこの道を通って鴎外の観潮楼(かんちょうろう)を訪れた。
現在でも、ごく自然に開かれた道のおもかげを残している。
団子坂(だんござか)上から上富士(かみふじ)への区間は、「本郷保健所通り」の呼び方が通り名となっている。

―郷土愛をはぐくむ文化財―
文京区教育委員会
平成7年3月

(説明板より)

藪下通り
スポンサーサイト





史跡 | 23:10:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する