FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

2・26事件慰霊像
DSC08806.jpg


昭和11年2月26日未明、東京衛戍の歩兵第1、第3連隊を主体とする千五百余の兵力が、かねて昭和維新断行を企圖していた、野中四郎大尉等青年将校に率いられて蹶起した。
當時東京は晩冬にしては異例の大雪であった。
蹶起部隊は積雪を蹴って重臣を襲撃し総理大臣官邸陸軍省警視廳等を占據した。
斉藤内大臣高橋大蔵大臣渡邊教育総監は此の襲撃に遭って斃れ、鈴木侍従長は重傷を負い岡田総理大臣牧野前内大臣は危く難を免れた。
此の間、重臣警備の任に當たっていた警察官のうち5名が殉職した。
蹶起部隊に對する處置は4日間に穏便説得工作から紆余曲折して強硬武力鎮壓に變轉したが2月29日、軍隊相撃は避けられ事件は無血裡に終結した。
世に是れを2・26事件という。
昭和維新の企圖壊えて首謀者中、野中、河野両大尉は自決、香田、安藤大尉以下19名は軍法會議の判決により東京陸軍刑務所に於て刑死した此の地は其の刑務所跡の一隅であり、刑死した19名と是れに先立つ永田事件の相澤三郎中佐が刑死した處刑場跡の一角である。
此の因縁の地を選び刑死した20名と自決2名に加え重臣警察官其の他事件関係犠牲者一切の霊を合せ慰め、且つは事件の意義を永く記念すべく廣く有志の浄財を集め事件30年記念の日を期して慰霊像建立と發願し、今ここに其の竣工をみた
謹んで諸霊の冥福を祈る

昭和40年2月26日
佛心会代表 河野 司 識

(碑文より)

2・26事件慰霊像

スポンサーサイト





史跡 | 14:07:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する