FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

講演会
今日は、法人会青年部主催の新春講演会。
実は、今日は東京の銀座で藤原さんのシャンソン・ライブがある。
予定がバッティング!
正直言って、シャンソン・ライブのほうに行きたかったのだが・・・・
拙者は理事。
立場上、講演会を欠席するわけには行くまい。
う~ん、なんとも残念なのだが・・・やむをえない。(笑)
講演会には商工会議所会頭をはじめ、歴代青年部会長、一般の方々にも参加していただき、思ったより盛況だったのでホッとした。

DSC08804.jpg


演題は『地方のハンディを逆手にとる小規模経営』
講師は経営ジャーナリストの疋田文明氏

地方にいるから駄目なのだろうか?・・・というところから話は始まる。
都会に会社があれば儲かるのか?
小売業で一番苦しいのは小売店か?
実は百貨店だという。
必ずしも大きい会社が有利とはいえないと言う。
社員教育だけでは会社は伸びない。
これに環境整備も加えなければならないという。
知恵を出す会社は伸びる。
知恵は無限だが、労働は有限。
知恵は設備投資ゼロでできる。(確かにそうだ・・・)
しかし、アイディアが浮んでも実行しなければ何もならない。
それは単なる「思いつき」
業績のいいときに危機意識を持てるかどうか・・・・
この時に次の手を打たねばならない。
それを行なった会社がその後の危機を乗り越えている。
経営者は「思考」せねばならない。
つまり、常に「学習」せねばならない。
経営者が「学習」することから組織ぐるみで「学習」する企業となる。
「仕事」から「学習」するというのも一つ。
この時のポイントは、問題意識を持って仕事をしているかどうか・・・である。
自分の体験だけではなく、他の人の体験、昔の人の体験からも「学習」すべきである。
中国の古典から学ぶというのもいい・・・・

など、など、実在する企業名と実例を挙げての講演。
「一般論」だけでの話ではないので、なかなか面白い話が聞けた。
問題は・・・聞いただけで満足してはいけないということなのだが・・・(笑)
さぁ~“自由人”の拙者としては、インプットしたはいいが、どうやってアウトプットすべきか・・・・
そこが問題だなぁ~

1時間半の講演会が終わり、引き続き青年部会会員だけでの懇親会。

DSC08805.jpg


お酒をチビチビ飲みながら、コンパニオンが運んできてくれる食事を平らげる。
ここで夕食を済ませねば!(笑)
講師も懇親会に参加されたが、ご接待は「偉い」方々にお任せして・・・・
拙者は末席で他の会員と馬鹿話をして盛り上がる。
昔は、こういう懇親会には溶け込めなくて間が持たず、苦痛の時間を過ごすため、大の苦手だったのだが・・・
最近は何とか溶け込めるようになったかな?
これも「訓練」の賜物かもしれない・・・・・(笑)

懇親会後、部会長の“ケムチャン”と二人でクラブへ・・・・
いつものコース・・・・お付き合い。
スポンサーサイト





日記 | 11:56:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する