FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

御隠殿跡
DSC08386.jpg


御隠殿跡(ごいんでんあと)
台東区根岸2丁目19番10号 薬師寺

輪王寺宮一品法親王(りんのうじのみやいっぽんほうしんのう)は、天台座主(てんだいざす)に就き、東叡山・日光山・比叡山の各山主を兼帯したので「三山管領宮(さんざんかんりょうのみや)」とも呼ばれ、第三世から幕末の第十五世まで、親王あるいは天皇の猶子(ゆうし)(養子)を迎え継承されてきた。
当地は、この輪王寺宮の別邸「御隠殿」があった所である。
御隠殿の創建年代は明らかではないが、幕府編纂の絵図『御府内沿革図書(ごふないえんかくずしょ)』には、宝暦3年(1753)7月に「百姓地四反一畝」を買い上げ、「御隠殿芝地」としたという記述があり、同年までには建造されていたようである。
敷地はおよそ三千数百坪、入谷田圃の展望と老松の林に包まれた池をもつ優雅な庭園で、ことにここから眺める月は美しかったと言われている。
輪王寺宮は1年の内9ヶ月は上野に常在していたので、その時は寛永寺本坊(現、東京国立博物館構内)で公務に就き、この御隠殿は休息の場として利用した。
また、谷中7丁目と上野桜木2丁目の境からJRの跨線橋へ至る御隠殿坂は、輪王寺宮が寛永寺と御隠殿を往復するために設けられたという。
慶応4年(1868)5月、御隠殿は彰義隊の戦いによって焼失し、現在ではまったくその跡を留めていない。

平成12年3月
台東区教育委員会

御隠殿跡
スポンサーサイト





史跡 | 20:25:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する