FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

お墓巡り
さて、今日は真っ直ぐ家に戻るのももったいない。
少し、“ぶらり旅”をしてから帰宅することにする。

浅草方面に向かって歩いてみる。
まずは・・・
葛飾北斎のお墓のある誓教寺。
敷地内に入ったら銅像を発見!
写真を撮っていたら住職に声をかけられ、ご住職にご案内いただき、お墓の前でご説明などを頂く。
続いて・・・北上し・・・・源空寺。
10年ぐらい前だろうか・・・・このお寺の前を歩いたことがあるのだが・・・
その時の記憶とは全く景色が違っているので驚いた。
DSC08379.jpg
(源空寺)
あれ?こんなお寺だったっけ?
ここには江戸時代中期の暦学者・高橋至時(よしとき)のお墓、伊能忠敬のお墓、江戸初期の任侠・幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)のお墓、江戸後期の文人画家・谷文晁(たにぶんちょう)のお墓がある。
道を挟んだ隣の敷地に墓地があり、そこにお墓があるらしいのだが・・・
谷文晁のお墓だけはどうしても見つけることが出来なかった。

今度は東のほうに向かい・・・・
とにかく適当にぶらぶら歩いているうち辿り着いたのが宗恩寺。
ここに明治時代の僧侶・織田得能(とくのう)のお墓がある。
織田得能は我が国初の仏教辞典を著した人だということが寺前の史跡説明板に書いてあった。
更に歩くと・・・
正定寺。
ここには直心影流島田派の剣客・島田虎之助のお墓、江戸から明治にかけての画家・伊豆長八のお墓があった。

それにしても・・・・
いつの間にか、お墓めぐりをしている・・・・・
こうなったら、今日は「お墓巡り」に徹するか?
続いて・・・海禅寺。
ここに安政の大獄で投獄された梅田雲浜の墓があった。
今度は北西に向かい・・・・
台東区生涯学習センターに行く。
DSC08380.jpg
(台東区生涯学習センター)
ここには『池波正太郎記念文庫』があるので、見学してみたが・・・
図書館の隅の一角に、ちょっとした展示物がある程度。
がっかり・・・・
ここからドンドン歩き、上野駅の隣駅・鶯谷(うぐいすだに)駅前を通過して寛永寺へ。
途中で、重要文化財の徳川家綱霊廟勅額門、徳川綱吉霊廟勅額門を見る。
寛永寺は徳川2代将軍秀忠が天台宗の僧・天海に寄進したことから始まるという。
DSC08384.jpg
(寛永寺)
境内には、尾形乾山(おがたけんざん)墓碑、慈海僧正墓などがある。

寛永寺を抜けて更に歩き・・・・
谷中霊園の中に突入!
ここまでどのくらい歩いただろうか・・・・・
万歩計を忘れてきたのが残念。(笑)

とにかく広い霊園・・・・
適当に歩いてみる。
明治大学創立者・岸本辰夫先生の墓碑。
徳川慶喜のお墓。
幕末期の公卿・大原重徳(しげとみ)のお墓。
江戸幕府の幕臣で小笠原島の開発をした小花作好(おばなさくすけ)のお墓。
江戸中期の歴史人物画家・菊池容斎(きくちようさい)のお墓。

横山大観のお墓。
鳩山一郎のお墓。
伊達宗城のお墓。
渋沢栄一のお墓。
この4つのお墓には史跡としての説明板はない。

このまま墓地の中をウロウロしていてもキリがないので、今日はここまで。
上野駅へ行き、特急に乗って帰宅。

夜は“ウメちゃん”の会社に行き、今までご無沙汰だった彼の会社のホームページの更新をする。
スポンサーサイト





日記 | 13:33:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する