FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

佐藤惣之助の碑
DSC08293.jpg


佐藤惣之助の碑

わが国の近・現代文学に多大な功績をのこした佐藤惣之助(さとうそうのすけ)は、明治23年(1890)、橘樹(たちばな)郡川崎町砂子(いさご)(現在の川崎区本町)の旧川崎宿・上本陣(かみほんじん)(佐藤本陣)の次男として生まれました。
詩人・惣之助は、生涯で数多くのすぐれた作品をのこしていますが、その活動は俳句・小説・作詞などの分野にもおよんでいます。
しかし、真の評価は詩作にあります。
惣之助は友情にあつく、数多くの仲間と活発な創作活動を展開しましたが、特に大正14年(1925)には、川崎の自宅を「詩の家」と名づけ、同人誌『詩之家』を刊行しました。
同人の数は、多いときには70名にも達しました。
また、詩人としての才能を生かして、「赤城の子守唄」「緑の地平線」「青い背広で」「湖畔の宿」「人生劇場」など、今でも多くの人々に口ずさまれている名曲を作詞し、昭和17年(1942)、52歳の生涯を閉じました。
この碑は、惣之助を顕彰するため、川崎市文化協会の発意によって昭和30年10月に建立(こんりゅう)されました。
碑文は詩集「華やかな散歩」の序詩から選ばれ、文字は惣之助が尊敬していた武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)が揮毫(きごう)したものです。

平成2年2月
川崎市教育委員会

佐藤惣之助の碑
スポンサーサイト





史跡 | 12:54:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する