FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

御神木大銀杏
DSC08290.jpg


御神木大銀杏(ごしんぼくおおいちょう)

このご神木大銀杏は、樹齢約1千年といわれ、当神社の長い歴史と尊い由緒を物語っています。
江戸時代には東海道を旅する者に「山王さまの大銀杏」として知られ、安藤広重(あんどうひろしげ)の「武相(ぶそう)名所旅絵日記」などに当時の神々(こうごう)しい姿が描かれています。
また、別の書物には「この大銀杏の周囲を回りながら願い事をするとことごとく叶う。特に縁結び、子授(こさず)け、子育て、学問・習い事の向上に霊験(れいけん)があり、参拝者が絶えない」と書かれています。
さらに、色紙に願い事を書いて枝に結び、葉のある頃には一葉をとって御守とするとよい、と伝えられています。
戦前は神奈川県指定の天然記念物となっていましたが、惜しくも昭和20年、戦火を浴びて大きく損傷してしまいました。
しかし、年とともによみがえり、その生命力の強さは御神霊(ごしんれい)のなせるわざと人々はいよいよ篤い信仰を寄せています。
と同時に近年、平和のシンボルとしても仰がれるようになりました。
(以下略)

(説明板より)

御神木大銀杏
スポンサーサイト





史跡 | 11:48:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する