FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

入院(3)
今日は手術をする日。
拙者の順番は2番ということで、午前8時20分に手術室に向かう。

手術台にうつ伏せに寝て局部麻酔を腰あたりに打たれる。
これが結構痛いのだ!
その昔、中学生の頃、局部麻酔を打たれたことがある。
あの時と同じような痛み・・・・
う~ん、懐かしい痛みだのぉ~(笑)
ついでに腰あたりに何かゴシゴシと挿しているような感覚。
どうやら痛み止めの点滴の管を挿しているようだ。
「ここは、感じますか?」と医者の声。
「いえ、感じません」
「じゃぁ、ここはどうでしょう?」
「左足がちょっと痺れるような感じです」
「え~・・・実はもう手術を始めてるんですよ~(笑)」
「へぇ!もうですかぁ~(笑)」
そのうち何かでグイグイ肛門を押すような感覚があったが・・・・
あっという間に手術は終了!
「は~い!もう終わりましたよ~お大事に~」
時計を見ていなかったが、20分程度で手術は終わったのではあるまいか?

ストレッチャーに乗せられて病室に戻る。
「足の感覚が戻ったら、横向きに寝ると楽ですから・・・」と看護婦に言われるが・・・
局部麻酔のはずなのに何故か眠くて仕方なく、意識は朦朧。(笑)
確かに下半身が動かぬ。
しかし・・・お尻を手術したのに仰向けで寝て良いものだろうか?
うつ伏せに寝るべきなのではなかろうか?
などと思っているうち・・・・いつの間にか寝てしまった。

手術後は絶対安静とのこと。
トイレに行きたくても起きてはならぬとのこと。
ベッドの脇に尿瓶が用意されている。
夜中になり、オシッコがしたい感覚に襲われ、尿瓶を使おうと思ったのだが・・・
どうやっても寝ながら用を足すということが出来ない!(笑)
“おねしょ”をするようで、どうしても出来ない!
拙者もまだまだ理性というものが残っているらしい。(笑)
何度も挑戦したが、さすがに疲れてしまって諦める。
どうせ、オシッコをしたいというのは何かの気のせいだろう・・・・ということにする。

手術後最初の苦痛は、実は痛みではなく、この出そうで出ないオシッコとの格闘であったのである。(笑)
スポンサーサイト





日記 | 09:13:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する