FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

体調最悪!
早朝4時。トイレに3回も駆け込む。
おい、おい、どうしちゃったんだ?
頭痛はするし、クラクラするし、お腹の調子は悪いし・・・
急に涼しくなったせいで風邪でも引いたか?
いや、そうじゃないだろう。
”なんとかは風邪を引かない”という言葉そのままの拙者である。
滅多に風邪など引かぬ。

今から15年前。胃潰瘍で寝込んでしまったことがあった。
入社5年目のことである。
この時は風邪だと思い病院で風邪薬をもらって飲んだのが間違い。
益々症状が悪くなってしまった。
「もしかして胃潰瘍じゃないのか?」・・・直感である。
赤ん坊の時からの主治医にレントゲンを撮ってくれと頼んで、無理やりレントゲン写真を撮ってもらった。
先生はレントゲン写真を撮るのを何故か嫌がるのである。
さて、出来上がった写真を見たら・・・あれ?
初めて見る自分の胃袋の写真だが、変な影があるぞ!
これまた直感!
「この影・・・おかしいですよね?」
「これ?これは・・・胃潰瘍だね~。へぇ~君が胃潰瘍になりますかねぇ~?」
先生は拙者が病気になるなんて全く考えていない人なのだ。
なにせ、年に1回風邪を引いて病院に来るかどうか・・・という調子だったからである。
「これじゃ風邪薬飲んじゃ駄目だよ~」と自分で出しておきながら先生は言いなさった。

あの時と同じ感じなんだよなぁ~
胃潰瘍のような気がするんだよなぁ~
しかし、病院には行かない。
主治医の先生も高齢のため廃業してしまったのだ。
他の病院に行くのは面倒臭い。下手すると何時間も待たされるから嫌だ。
というわけで・・・胃薬を飲むだけにする。

午後になって徐々にお腹の調子も落ち着いてくる。
よっしゃ!やっぱり軽い胃潰瘍だな。

なにせ、ここで体調を崩しちゃまずいんだよね。
今週末は鎌倉へ旅に出る予定なんだからさ。
スポンサーサイト





日記 | 23:33:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する