FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

黒羽城
DSC06695.jpg


黒羽城の由来

黒羽城は天正4年 大関高増 新に築いて余瀬の白旗城より移った
北(玄武)に高山の丘陵連り東(青竜)(せいりょう)に流水の前田川走り南(朱雀)に汙地(くぼち)の阿久津村あり(田町と称す)
西(白虎)に那珂川を隔てて大道の石井沢村通じて(向町と称す)四神相応の地相を占めた城造りで本高1万8千石であった
其の後慶長5年 嗣子資増の代 會津の上杉景勝が徳川家康に叛いたので 家康はそれに備える為臣下を黒羽城に遣し資増に命じて更に修築させ且つ鉄砲を給与した
築城と共に余瀬から寺院大雄寺 帰一寺 新善光寺が移転した
明治4年 廃藩置県となるまで295年間大関氏累代の居城であった
幕末に当り肥後守増裕は出仕して陸海軍奉行の重職を奉じ勝海舟と並びて偉名を天下にとどろかせた
且つ ひそかに開国勤皇の志を抱いて深く謀る所があったが不幸慶応3年卆去した
行年31
大正7年 朝廷 増裕生前の功を賞して正四位を贈られた

昭和40年10月
黒羽町観光協会

(説明板より)

黒羽城
スポンサーサイト





史跡 | 17:58:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する