FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

友人の父親の通夜に参列
夕方、青年会議所の元メンバーである友人の父親の通夜式に参列する。
今までは身内に不幸がなかったが、今回は母を失って初めての他人の葬儀への参列。
以前とは、どことなく葬儀への臨み方が違ったような気がする。
あ~自分もこういう立場だったんだよなぁ~
・・・と、母の葬儀の事を思い出す。

葬儀には他にも青年会議所のOBが来ていて何人もから声をかけられる。
みんな一様に拙者を見て驚いたような表情で「元気?!」
廃業してから初めて会う人もいるので、その後、拙者がどうしているのかと思っていたのか?
意外にも元気なのと、他人の葬儀に参列するという社会的行動をしていることに驚いているのだろうか?
別に倒産して夜逃げしたわけではないのだが・・・(笑)
はぁ?
拙者が人前に出るのがそんなに不思議かぁ?
まぁ拙者が元気なのを皆が喜んでくれていると解釈しよう!
その昔は「鬼の副理事長」と言われ怖がられた我輩は健在なり!

元女性会員の“アヤちゃん”が拙者を見て驚いて駆け寄ってきた。
彼女が手を差し伸べてきたので、つい拙者も無意識に手を出して握手をしてしまったのだが・・・
あれ?
葬儀で握手の挨拶って・・・なんかおかしいような・・・(笑)
何で女性と握手での挨拶になっちゃったんだろう?
男同士ならわかるんだけど・・・(笑)
彼女とは現役時代には、ほとんど口をきいたことがない。
(なにせ「鬼の副理事長」だったからねぇ~)
青年会議所を辞めてから何故か彼女は、どこかで会うと駆け寄って挨拶をしてくれる。
普通なら縁遠くなるのが当然だと思うんだけどねぇ~
不思議なんだよなぁ~(笑)
「で・・・今でも、あそこに住んでるの?」と彼女。
だから・・・拙者は夜逃げしたわけじゃないって!(笑)
「元気?」
「元気だよ~好きなことをして楽しんでるよ~」
彼女は拙者と再会できて嬉しそうに見えるのだが・・・
何で?
拙者は間違っても皆から愛されるような男ではないはずなんだが・・・
なぜか皆はニコニコしながら声をかけてくれる。
ありがたいことはありがたいのだが・・・
何とも不思議な気分である。
スポンサーサイト





日記 | 23:37:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する