FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

内モンゴルの旅(12)
“北京”に到着して真っ直ぐ市内のレストランへ行き夕食。
意外にもレストランは日本から来た修学旅行生で一杯!
へぇ~修学旅行で中国に来るんだぁ~
団員の一人が生徒の一人に尋ねたところ、鳥取から来たという。
中学生か高校生かは知らないが・・・

我々は同じ会場の隅っこのテーブル2つを使って夕食。
ふと・・・目をやると・・・
先生達らしきテーブルにはビールが並んでいる。
我が団員の中から「先生が生徒の前で酒なんか飲んでいいのか!」という声が上がった。
「写真を撮って教育委員会に送ったほうがいいんじゃないか?」との声も上がる。
“先生方”は、ほろ酔い加減でワイワイやっている。
生徒よりもうるさい。
教師があんな調子じゃまともな生徒が育つわけはないよなぁ~
突然“先生方”のテーブルで「ハッピバースデ~ツゥ~ユ~」の歌が・・・
「ここは貸切じゃねぇぞ!」の声が我が団員から上がったが・・・
無視!
生徒達が大拍手をしたから、こいつらは間違いなく修学旅行関係者。
最初はガイド達かとも思ったが、この中の誰かが誕生日だからといって一斉に生徒達が拍手を送るだろうか?
やっぱり・・・こいつらは教師だな・・・

まもなく・・・生徒達がゾロゾロと退席。
どうもホテルに戻ったようなのだが・・・
なんと!
この“先生方”は残って酒を飲んでいるのである!
生徒達が帰った後も30分近くも残って酒を飲んでいるのである!
いったい誰が生徒を引率して店を出たのだろうか?
事故でも起こったらどう言い訳をするつもりなのだろうか?
夕食とはいえ職務中だぞ!

さすがに我がテーブルからブーイング・・・
しかし、この方々は意に介さない。
平気でワイワイやっている。
そんな馬鹿な~
「おい、誰か説教しに行ったほうがいいんじゃないか?」という声が上がったが・・・
「拙者が言ってもいいですが・・・喧嘩になりますけど、いいですか?」と確認したら誰も返事をしない。(笑)
じゃぁ、駄目だ。
酔っている連中と関わる場合は喧嘩になることを前提にせねばならぬ。

ましてや相手が教師ともなれば・・・多分殴り合いになるだろう。
拙者はこれでも教員免状を持っている。
しかし、教師にはならなかったのは、こういう連中と同じ職場では働きたくなかったからである。
拙者には教育に対する「こだわり」がある。
修学旅行中に生徒の前で酒を飲むなど言語道断!(怒)

我がテーブルでブツブツ文句を言っていたのに気がついたのか・・・
“先生方”は突然立ち上がりそそくさと帰り始めた。
「あれ?日本人の方ですか?イェ~イ!」
「おい、酒なんか飲んでいいのか?」と団員の一人が言ったが返事をしない。
話をそらして「誕生日なんですよ!誕生日なんですよ!」を連呼。
思わず後ろから蹴りを入れてやろうかと思ったが・・・・(笑)
我慢、我慢・・・
こちらは団体だからねぇ~
個人旅行じゃないから、事件を起こせば団長や団員に迷惑をかけてしまう。
結構拙者も大人になったもんだ・・・(笑)

我が団員は全国各地から集まっているので、それぞれの学校の“先生方”の出来の悪さの暴露話でしばらくは盛り上がったが、溜飲は下がらぬまま。
我がテーブルでは不愉快な思いでムカムカしながらの食事となってしまった。
中国最後の夜の食事がこんな結果となるとは・・・・
スポンサーサイト





旅行 | 17:20:49 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
北京最後の夜に。
重兵衛殿、大変御無沙汰しております。
この記事がずっと気になっていて、県の教育委員会に問い合わせてみました。すると鳥取県総務部からの返事では10月に海外研修旅行を実地した該当の高校はないと連絡がありました。しかし県教育委員会は一校あったが、引率教員のテーブルの隣に別の団体が騒いでいたと返答がありました。県立高校とも私立高校とも明記されておらず、中学校に関しても触れてありませんが、どう思います?
2007-11-19 月 11:50:02 | URL | とりてつ [編集]
良く分かりませんが・・・
“とりてつ”様、こちらこそご無沙汰しております。
そう、そう、例の北京の夜の件ですね・・・
修学旅行の団体は制服を着用していましたが、高校生か中学生かはわかりません。
公立校か私立校かも不明です。
あまり、生徒に根掘り葉掘り聞くわけにもいかないですしねぇ~
この“引率者”らしき方々は結構若い感じの男女で8~9名で1テーブルを占めていましたが、服装から教員か添乗員という感じで、観光客には見えませんでしたね。
私のテーブルに座っていた人達全員が「あれは教員だな」って言ったくらいですから・・・
しかも、生徒達に向かって「ハッピバースディー」の歌を歌い、生徒達全員から拍手を受けていたので、間違いなく関係者でしょう?
やっぱり問い詰めるべきだったかなぁ~
そうすりゃ明確になったかも・・・
いや、もしかして、県名、学校名も嘘をつかれたかも知れないので、無駄かもしれませんが・・・
レストランには、修学旅行団体と、我々しかいませんでしたから・・・
「引率教員の隣のテーブルの団体」が我々だとしたら、騒いでないですよ~(笑)
みんな私より年上だし、最高齢者は87歳だし、砂漠地帯から帰ってきてみんな疲れていましたから・・・・騒ぐ元気はありませ~ん。(笑)
いずれにせよ、確実な証拠がない以上、何とも言えません。
仮に教育委員会がその学校を特定したとしても、証拠がなければ認めないでしょうし・・・
まぁ、少しは注意を喚起できたら・・・よしとしましょう。
次回は今回の反省に立って・・・・やっぱり写真に収めましょうか?(笑)
“とりてつ”さんには不愉快な思いをさせてしまい、すみませんでした。
2007-11-19 月 14:32:05 | URL | 重兵衛 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する