FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『エージェント・スミス』


本作品は、実話をもとにした映画だそうだ。
FBI捜査官と情報提供者のスミスという女性の話なのだが、話はよくあるパターン・・・
裏社会の女性を情報提供者としてコントロールし始めたFBI捜査官だが、そのうち彼女の誘惑に負けて肉体関係をもってしまう。
あ~よくあるパターンだよなぁ~(苦笑)
彼は既婚者・・・ということは、どうなるか・・・は十分に想像できる。
FBI捜査官の方がこの女性に振り回されてコントロールされ始めるのである。
で・・・その結末は?
これは「クライム・サスペンス」映画というのだろうか。
よくあるパターンの話だと思うのだが、あくまでも想像の世界の話であって、まさか実際にこんなことが起きるとは・・・
エンド・ロールで、実際のFBI捜査官と情報提供者の女性の写真が出てくる。
あの“事件”はやっぱり実話だったのか・・・と改めて驚いた。

ただ、首をかしげてしまうのは、この映画の邦題である。
「エージェント・スミス」という題名から想像すると、何かしら特殊な訓練を受けた人というイメージをもってしまうのだが・・・
誰が考えた邦題なんだろう?
原題は「Above Suspicion」である。
日本語に訳すと「嫌疑がかかっていない」「疑いをかける余地がない」とかという意味・・・
これをうまく日本語の題名にするのは難しかったか?(汗)
だからといって・・・「エージェント・スミス」というのはどうだろか?(苦笑)
スポンサーサイト





DVD | 23:26:04