FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『幸せへのまわり道』


主演はトム・ハンクス。
子供向け番組の司会者を演じるが、これが何とも不思議な人物・・・・
彼の番組自体も、なんとも不思議な番組・・・
人形を使って、おかしな声色で何やら語るとか・・・(汗)
どことなく、このノーテンキというか、お人好しというか、理想主義と言うか、夢にドップリ浸かっているというか、そういうところが、なんとなくウォルト・ディズニーを、つい思い浮かべてしまったが・・・・
それは、トム・ハンクスが演じたからだろうか?(苦笑)

ストーリーは、この主人公と彼にインタビューをする雑誌記者との話・・・
この映画は実話をもとにしたものらしいが・・・
やっぱり、どこか現実離れしているというか、“ホンワカ”し過ぎて、どうも落ち着かない・・・(苦笑)

ところが、偶然にも、このDVDを観た直後、この主人公、フレッド・ロジャースのドキュメンタリー番組をテレビで見て驚いた。
このロジャースの子供向け番組は1968年から2001年にわたって米国で放送されていた長寿番組とのこと。
映画のすべてのシーンが、このドキュメンタリーのシーンと全く同じなのである。
え?・・・これ、本当にあった話なんだ!おとぎ話ではなかったんだ!(苦笑)
米国の子供たちなら(大人でも)、この人物と番組のことは、誰でも知っているらしい。
そういう彼らなら懐かしく、面白く観ることのできる映画だろう。
反対に、この人物も番組も知らない私のような日本人にとっては何の話やら・・・である。

この映画・・・ドキュメンタリーの番組とセットで観たほうが絶対良いと思う。(大笑)
が・・・そのドキュメンタリー番組の題名を失念・・・(大涙)
スポンサーサイト





DVD | 11:02:34