FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

花屋のオバサンとおしゃべり
昨日、妹から電話がかかってきた。
「ん?・・・何事?」
「今日はお父さんの命日だから電話したんだけど・・・」と妹・・・
ありゃ~忘れていた!(大汗)
そうか・・・1月25日は親父の命日だったのか!(苦笑)
毎月、墓参りをしているので、特に「命日」というのが意識から消え去っている。
惰性で墓参りをしていると言えば、言えるかも・・・(大笑)

というわけで・・・仏壇のお花を新しいものに替えてあげようかな・・・と・・・
今、供えている花は、まだ枯れていないが・・・(笑)
命日から1日過ぎてしまったが、新しい花にしてやるか・・・ちょっともったいないけど・・・(苦笑)
ということで・・・今日、いつもの花屋に花を買いに出かける。

いつものように、花屋のオバサンとおしゃべり・・・(笑)
話題は正月のお花の話となった。
コロナ禍のせいなのか、お客が激減して暇だという。(汗)
昨年末、いつも正月用の花を買いにくるお客が何人も来なかったり・・・
来ても、いつもより買う花が少なかったり・・・だったという。
例年通り、いつもと変わらなかったのは、お客さんの中では拙者一人だけだったという。(唖然)

え?・・・ウソ・・・(大汗)
こういう時だからこそ、いつもと変わらないようにすべきじゃないか?
・・・というのが拙者の考えなのだが・・・
そういう人は、いないのか?
拙者一人が“変り者”?(大笑)

拙者は例年通り、仏壇に花を供えて、元旦が誕生日だった亡き母のために花瓶にさした花束を仏壇脇に供えて・・・
玄関にも、ド~ンと新年を迎える花束を花瓶にさして飾るのが例年の“行事”・・・
確かに、今年はコロナ禍で誰も我が家には来ないけど・・・(汗)
だからといって、玄関に花を飾るのをやめるというのもねぇ~
どうも、そういうのは気分が悪い・・・
誰が来ても来なくても、いつものように玄関には花を飾りたい。
新年を迎えるんだから・・・
へぇ~そういう考えを持つ人はいないの?(唖然)
「そう、うちのお客さんの中では、あなただけですよ。そういう人は・・・」とオバサンに笑われた。(苦笑)
スポンサーサイト





日記 | 22:28:20