FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

この人は嫁さんなのか?(大汗)
昨晩見た夢・・・・(笑)
拙者は、どうやら、わが法人会の全国大会に参加するため、自宅近くのバス停から、うちの会の手配したバスに乗ることになっていたらしい・・・
で・・・拙者は家の外に立っていて・・・ふと腕時計を見たら・・・・迎えのバスが到着する5分前!(唖然)
こりゃ、大変だ!
何も準備していない!
だいたい、拙者が着ている服は普段着である!(大汗)

5分では着替えが間に合わない!
慌てて自宅に飛び込んだら、家の中に女の人が・・・
畳の部屋に座って洗濯物か何かを片づけている。(驚)
あれ?・・・この人・・・誰?
「スーツ!スーツ!」と騒いでいたら・・・
この女性が、紺色に縦縞のスーツでしょ?もう用意しておきましたよ」と言う・・・
「あと・・・ワイシャツ!」
「ワイシャツも3枚、カバンに入れておきました」と言う。
「あ~!いけねぇ~!ネクタイ締めなっきゃ!」
「あなたのお気に入りのネクタイもカバンに入れておきました」とこの女性が言う。

「ん?・・・カバンの中?・・・え?・・・カバンはどこ?」と拙者・・・
「カバンは、もうバス停に届けてあります。その格好のままでいいからすぐに行って!」とこの女性・・・
腕時計を見たら・・・残り3分である!(大汗)
我が家からバス停まで走って3分の距離である・・・
ヤバイ、ヤバイ!(大汗)
「ところで・・・あなたは、どなた様?」と尋ねようとしたら・・・
「間に合わなくなるかから、早く行って!」とこの女性・・・

慌てて自宅を飛び出し、バス停に向かって走りながら思った・・・
あの女性は、もしかしたら拙者の嫁さん?(驚)
しっかりと顔を見たが・・・実在する人物に該当者はいない・・・(汗)
誰なんだろう?
もしかして・・・ヘルパーさん?(苦笑)
まさか・・・・

あっ!・・・玄関に鍵をかけるのを忘れた!
が・・・あの女性が家の中にいるんだから意味はないか・・・

遠くにバス停が見えてきた。
バス停に確かにカバンが置いてある!
と・・・そこへ大型観光バスが!
ヤバイ!ヤバイ!急げ!急げ!

と・・・思った瞬間・・・目が覚めた!(大汗)
で・・・ドドッと疲れが・・・・(大汗)

なんという夢をみたのだろう・・・
朝からクタクタである・・・(苦笑)
スポンサーサイト





日記 | 21:47:44 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する