FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『潜水艦入門』


プロローグ 潜水艦の誕生
       日本の潜水艇ことはじめ
       第6号艇の遭難

第1章 潜水艦の構造と機能
       潜水、そのメカニズム
       メイン・タンクはなぜ二重?
       もう二つの舵の働き
       どれだけ深く潜れるか
       「電気溶接を使うな」の至上命令

第2章 艦内の構造と設備
       電池の上の艦内構造
       ディーゼル機関はおあつらえ向きだが
       余分な重量は潜水艦の宿命
       艦の中心はどこか?
       潜望鏡だけがたより
       潜水艦の“耳”あれこれ
       潜航中は使えない通信設備
       邪魔もの扱いされたレーダーと逆探
       息苦しい艦内の生活
       潜水艦の移動基地「潜水母艦」
       命とりになりやすい潜水艦の事故

第3章 潜水艦の兵装
       潜水艦の主兵器「魚雷」
       九五式酸素魚雷の登場
       魚雷搭載、装填、発射!
       なぜ大砲を積むのか?

第4章 潜水艦の運用と活躍
       沿岸防御用だった潜水艦
       潜水艦部隊の編制
       海中型のリヴァイバル
       水上艦隊とともに―海大型
       長距離ランナー、巡洋潜水艦
       日本潜水艦の主力―甲・乙・丙型
       飛行機を載せ“鬼に金棒”
       大活躍した潜水艦搭載機
       世界に類のない“海底空母”

第5章 特殊な潜水艦
       機雷敷設潜水艦は嫌い?
       潜水艦で奇襲部隊を上陸させたら
       その他の輸送用潜水艦
       陸軍の輸送用潜水艦
       特殊潜航艇と「回天」

エピローグ 対潜兵器
       潜水艦の強敵、爆雷
       対潜兵器その後
       港に張りめぐらした防潜網

表(1)太平洋戦争中、敵艦を撃沈した日本潜水艦
表(2)日本潜水艦の連合国商船に対する撃沈数
表(3)太平洋戦争で喪失した日本潜水艦
表(4)第二次大戦開戦時における列国潜水艦の隻数比較

潜水艦一覧

文庫版のあとがき


今年の読書:27冊目

スポンサーサイト





読書 | 23:49:56 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する