FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

“タラの芽”が届く
今朝、宅配便が届いた・・・
“ショウジさん”からである。
この“ショウジさん”は、拙者の母が小学校の先生をしていた時の教え子・・・
母が20歳前後の時の教え子だから、もう、“いい歳”である。(苦笑)

拙者が小学5年生ぐらいの時に、“ショウジさん”は青年海外協力隊員としてソロモン諸島方面に派遣されていた。
で・・・エアメールで母宛てに写真をたくさん送ってくれたのである。
生まれて初めて見るエアメールの封筒・・・赤と青と白色の縁取りが珍しかった。
沢山の写真の中に、零戦かなにかの残骸の写真もあった。
今でも目に焼き付いている。
拙者もいずれは南方の島に行ってみたいなと夢が膨らんだ。
拙者が海外に行くようになったのは“ショウジさん”のあの封書が原点なのである。(喜)

母が亡くなる前に「会いたい」というので、母を連れて山奥の村へ“ショウジさん”に会いに行った。
一番かわいがっていた教え子だったのかもしれない・・・
母が亡くなった時、“ショウジさん”に「まさか癌だったとは知らなかった」と驚かれた。
母からは教えるなと口止めされていたので、黙っていたが、末期癌で余命いくばくもなかったのである。
「近くまで来たから・・・」ということにして、何十年ぶりかでお会いしたのである。

母の葬儀後、“ショウジさん”に「ショウジさんは私の原点なんですよ」と話したら、驚かれていた。(笑)
“ショウジさん”を真似て青年海外協力隊員になろうと思っていたが、うかつにも試験を受けるのを忘れてしまい断念・・・(苦笑)
大学4年の時、校内で「あれ?なんで先輩、ここにいるんですか?試験を受けに行かなかったんですか?」と後輩たちに言われて受験するのを忘れていたことに気が付くという間抜けぶり・・・
やっちゃったぁ~・・・である。(大涙)

そういう思い出深い“ショウジさん”だが、ここ数年、ご無沙汰しており、今年は年賀状も来なかったので、どうしているかと思っていたのだが・・・
突然の宅配便に驚いた!
しかも、中にはギッシリと「タラの芽」が・・・
しかも、偶然にも、拙者の誕生日の翌日に届くとは!
“ショウジさん”が拙者の誕生日を知っているわけがないから、本当に偶然なのである!
何たる偶然!・・・・大感激である!

早速、お礼の電話をして、久しぶりにおしゃべりをする。(大喜)

さて・・・問題は、この「タラの芽」である・・・
どうやって食べればいいんだろう?(大汗)
「タラの芽」と言えば天ぷらが定番だろうが、拙者は天ぷらなんて揚げたことがない!(涙)
下手に慣れないことをしない方が良かろう・・・
というわけで・・・茹でてみたり、炒めてみたり・・・(大笑)
まぁ、拙者のやることである・・・こんな程度であるが、美味しくいただいた。
で・・・食べ終えてから気がついた!
仏壇にあげるのを忘れた!(大汗)
ありゃりゃりゃ・・・・やっちまったぁ~
母は怒っているだろうなぁ~・・・・大失敗!(苦笑)
スポンサーサイト





日記 | 20:31:13 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する