FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

彰考館跡
076_convert_20200422174000.jpg

彰考館跡

水戸第二代藩主義公 徳川光圀は修史の志をたてて、明暦3年(1657)に大日本史(402巻)の編集をはじめた。
寛文12年(1672)にその編集所を彰考館と名づけた。
彰考とは「歴史をはっきりさせて、これからの人の歩む道を考える。」という意味である。
当初は江戸小石川の藩邸内においたが、元禄11年(1698)に水戸城に移した。
彰考館は、この二中の敷地の一部に当たり、廃藩置県となった明治4年(1871)までの173年間ここにおかれた。
この編集には多くの学者が携わったが、なかでも■泊齋 安積覚、十竹 佐々宗淳、翠軒 立原萬、幽谷 藤田一正、天功 豊田亮、栗里 栗田寛などが有名である。
水戸藩の全精力を傾注したこの大事業は、250年の歳月を費やして、明治39年(1906)にようやく完成した。
由緒あるこの地に、その昔をしのび、これを建てる。

(碑文より)

日本遺産「近世日本の教育遺産群―学ぶ心・礼節の本源―」構成文化財
旧水戸彰考館跡

彰考館は、水戸藩第二代藩主徳川光圀が、わが国の歴史書である『大日本史』の編さん所として創設した史局である。
全国から学者を集めての『大日本史』編さんは、藩の一大事業となり、学問や教育に力を注ぐ水戸藩の伝統は、この時から始まったといえる。
彰考館は最初江戸に置かれていたが、光圀の隠居後、水戸城二の丸にも置かれ、幕末まで編さん事業が進められた。
明治維新後も『大日本史』の編さんは、徳川家の事業として継続され、偕楽園南隅へ移転した彰考館において、明治39(1906)年に完成した。

水戸市案内板


【茨城県水戸市・水戸市立第二中学校】

スポンサーサイト





史跡 | 20:27:59 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する