FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『飛行隊長が語る勝者の条件』


太平洋戦争・主要海空戦年表

真の勇者
 攻撃406飛行隊長・壹岐春記少佐の証言
   中国大陸への爆撃行
   開戦前の猛訓練
   英戦艦「レパレス」を雷撃
   マリアナ方面で索敵任務
   銀河でレイテ沖海戦参加
   “弱虫”は飛ばされる!

鶴翼の陣
 空母「瑞鶴」飛行隊長・高橋定少佐の証言
   緒戦は比島で戡定作戦協力
   「突撃」下令後の被弾、漂流
   士気高揚が目的のの「い」号作戦!?
   横空隊長で反跳爆撃法を指導
   奇計、射出機による攻撃

稀少の人
 空母「蒼龍」艦攻分隊長・阿部平次郎少佐の証言
   5発投弾で2発命中
   真珠湾第二次攻撃について
   予感したミッドウェーの敗北
   機種別の搭乗員気質

損失ゼロの奇跡
 202空飛行隊長・鈴木實中佐の証言
   大分空から202空へ
   3回に及ぶ圧倒的連勝記録
   中国戦線で二度の感状授与
   飛行隊長の役割

集中と分散
 空技廠飛行実験部部員・高岡迪中佐の証言
   3種類の“恐さ”
   液冷エンジンの彗星と誉の銀河
   珍しい性能実験
   空技廠と横空の役割のちがい
   ジェット機「橘花」のテスト
   支那事変では金鵄勲章受章

秘めたる闘志
 重巡「熊野」飛行長・高木清次郎少佐の証言
   スラバヤ沖海戦の“痛快”
   ミッドウェー海戦余話
   水偵の射出と揚収
   水上機から陸上機へ

見敵必墜
 空母「翔鶴」戦闘機分隊長・山本重久少佐の証言
   トリンコマリー攻撃で初撃墜
   激戦のサンゴ海海戦
   菅野直も教えた大分空教官時代
   空技廠の戦闘機乙部員
   紫電改で本土防空戦

忘れえぬ空戦
 851空飛行隊長・日辻常雄少佐の証言
   初陣は九四式水偵で大陸へ
   開戦早々の飛行艇による雷爆撃
   B17との死闘
   電探索敵成功第1号
   二式大艇のポーポイズ実験
   四国の詫間に集結した飛行艇隊

ラバウル籠城
 958空分隊長・小野英夫少佐の証言
   珍しい経歴の“将校”
   南支作戦の失敗談
   長い応召暮らし
   予備から現役の海軍大尉へ
   ラバウルでの戦闘

40日間無飛行
 652空飛行隊長・阿部善次少佐の証言
   真珠湾の戦艦に命中
   爆撃したのはアリゾナ?
   ダッチハーバー攻撃と艦爆使用
   652空飛行隊長へ転出
   不本意なマリアナ沖海戦
   終戦までロタ島籠城
   アウトレンジ戦法批判

一大海空戦
 空母「飛龍」艦攻分隊長・松村平太少佐の証言
   異常に長い「飛龍」勤務の理由
   「ウエストバージニア」に魚雷を放つ
   真珠湾攻撃の事前訓練の実態
   「瑞鶴」飛行隊長としての戦闘

戦う青年士官
 攻撃401飛行隊長・安藤信雄少佐の証言
   緒戦のウェーキ島爆撃
   長時間の日施哨戒飛行
   ラバウルからのガ島攻撃
   銀河による比島・沖縄作戦

以て瞑すべし
 空母「瑞鳳」艦攻分隊長・田中一郎大尉の証言
   緒戦時の危うい着艦事故
   ミッドウェー海戦へ参加
   南太平洋海戦での第三次攻撃隊
   ホーネットに800キロ爆弾命中
   批判される「い」号作戦
   白菊特攻を指揮する

過誤の真相
 元山空分隊長・二階堂麓夫少佐の証言
   大陸での「102号作戦」
   マレー沖海戦のある真相
   駆逐艦爆撃で命中弾を得ず
   ボルネオのクチンへ進出
   サンゴ海海戦へ参加
   野中少佐の後任で神雷部隊へ

獅子奮迅
 戦闘301飛行隊長・香取穎男大尉の証言
   “母艦要員”へ
   マリアナ沖「大鳳」艦上での強運
   初陣で“2機撃墜”の戦果
   52型乙13ミリ機銃の威力
   横浜空襲のB29を墜とす

戦果と武運
 戦闘311飛行隊長・田淵幸輔大尉の証言
   射撃は下手だった?
   653空の分隊長に
   ルソン島アパリへ不時着
   B29を邀撃できず!
   5航艦の麾下に

部隊最古参
 偵察302飛行隊長・伊藤敦夫少佐の証言
   「瑞穂」と南方作戦
   「長門」飛行長で「あ」号作戦参加
   レイテ湾めざした「大和」艦橋で
   栗田艦隊を北転させた電報
   水爆「瑞雲」による沖縄作戦

あとがき 平成8年4月 雨倉孝之

文庫版のあとがき 平成11年9月 雨倉孝之


今年の読書:20冊目

スポンサーサイト





読書 | 19:32:26 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する