FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

薬をもらいに病院へ行ったら・・・
現在服用中の「血圧を下げる薬」と「中性脂肪を減らす薬」が、あと3日で切れる・・・
というわけで・・・本日、薬をもらうために病院に行くことにした。

事前に病院(クリニック)に電話を入れて用件を伝えたところ・・・
現在、風邪の症状等のある人と、そうではない人の診療時間を分けているとのこと。
薬だけならば、今からなら間に合うからというので、急いで出かけた。

クリニックに到着して、車から降りたら、ちょうど医者が建物から出てきたところだった。
「ちょっと、外で待っていてください。すぐに受付の女の子が来ますから・・・」という。
まもなく受付の女の子が来たので、駐車場で診察券と保険証を渡し、車内で待機・・・
まもなく医者がやって来た・・・
車から降りたら・・・「そのまま車の中にいていいです。座ったままで・・・」と言う。
結局、駐車場で問診である。
今のところ変わりがなければ、このまま薬を飲んでいてくれとのこと。
前回も、この新型コロナウイルスの騒ぎは大きくなるだろうということで、多めに薬を出してくれた。
「ちょうど感染が広がったころに病院に来るのは嫌でしょうから・・・」と言うので、さすがは先読みが出来てるお医者さんだなと思っていたが・・・
今回は、更に多めに薬を出してくれるという。
「このあと2ヶ月くらいで収まるとは思えないので・・・」と言う。
拙者も同感である。
6月頃に収まるとは到底考えられない・・・
政治家や役人が出す「終息宣言」はどこまで信用できるか・・・
仮に来月の5月や、6月に出たとしても、それは経済へのダメージを配慮して・・・ということで、本当の意味での「終息」とは違うのであるまいか?
実体としての「終息」は、もっと先になるのではないかと思うのである。
その辺りの“読み”も拙者と同じなので・・・
こういう配慮は助かる。

一応、2月に受けた集団検診の結果が出ているので、それを持参してきた。
「ご参考にしていただければ・・・ということで・・・」と医者に渡し、コピーを取ってもらう。
この騒ぎの中、血液検査なんかをしているどころではあるまい。
2月の集団検診での血液検査の結果を参考にしてもらおうと思う。

待合室での患者さん同士の感染リスクを考えたら、駐車場での“診察”は正しいだろうと思う。
クリニックの場合、個人病院だから医者が感染してダウンしたら閉院となってしまう。
医療従事者は“最後の砦”であるから、何としても医者や看護師への感染を防がねばなるまい。
こういうやり方はいい・・・

そういう中、慶応大学病院の研修医が、この時期に会食(懇親会?合コン?)をして集団感染したという。(唖然)
“わかっちゃいるけど、やめられない”のクチだったのだろうが・・・
こういうチャラい医者に自分の命を預けたくはないよなぁ~
病院側も厚労省も世間も「許されない行為です」と言いながら、許しちゃうんだろうなぁ~(大汗)
基本的には、モラルの問題だから、モラルがない人は、こういう職業には就かないほうがいいと思いますけど・・・
医師免許を取得できるくらい頭がいいとしても、医者という職業には向いていないのではあるまいか?

その点、拙者が通っているクリニックの、この先生は大したものだと思う。
初診の時、受付の女の子から「うちの先生は薬の服用に関しては非常にうるさい人なので、薬が無くなってから来るというようなことは絶対しないでください」と言われ驚いたが・・・(笑)
前回も「いつ、今の薬より軽い薬を処方するか・・・そのタイミングを見るために採血して確認をしているんだ」と言っていたが、さすが、そういう考え方をする人はやることも違うなぁと今回改めて感心した。

夜、拙者がこのところ“ご無沙汰”しているので、生きているかどうか心配して友人の“ウメちゃん”が電話をくれた。(喜)
いつも1週間に一回くらいのペースで2時間ほど会っておしゃべりをするのだが・・・・
この時期は万が一を想定して会わないほうが良いと思い“ご無沙汰”していたのである。
が・・・死んでいると思われたか?(大笑)
新型コロナの症状は出ていないが、もしかして既に拙者は感染しているかもしれないし・・・(汗)
極力、人に会うのは避けたほうが良いだろう。
で・・・携帯電話のバッテリーの残量を気にしながらオシャベリ・・・(大笑)

先日、彼が検査のために行った病院の話・・・
(この時期に不要不急の検査をしに病院に行くのは、いかがなものかと思うが・・・)(苦笑)
通院患者や検査のために来院した患者がごった返した状態で、院内感染をしてもおかしくはないような状態だったという。
拙者も、その病院には、ずいぶん昔に行ったことがあるが・・・
医者の態度が気に入らなかったので、治療途中で行くのをやめた病院である。(苦笑)
あ~あの先生なら、そうだろうねぇ~・・・・である。
医者にもいろいろな人がいる。
今回の新型コロナの騒ぎ・・・医者選びのいい試金石になっているかもしれない。
スポンサーサイト





日記 | 20:28:19 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する