FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

税制セミナーに行く(苦笑)
今日は、茨城県法人会連合会主催の税制セミナーが開催される。
このコロナウイルスの騒ぎの中で・・・(汗)
まさか予定は中止になるのだろうと思っていたのだが、いつまで待っても中止の連絡はない・・・(大汗)
やるのか?(唖然)
「不要不急の外出は避けましょう」とか「会合に行くのは避けましょう」という、このご時世に・・・
やるのか?(大汗)

仕方がない・・・行くしかないな・・・(涙)

移動の電車の中ではマスクを着用して・・・水戸駅に到着!
会場となっているホテルでは、ホテルマンとお喋り・・・・
話題は「コロナウイルス」である。(苦笑)

開会20分前に会場に入る。
会場はガラガラ・・・(汗)
既に早々と陣取っていたのは我が法人会のメンバー(苦笑)
開会まで時間があるので会場担当のホテルマンとお喋り・・・(笑)
彼の話によると、やっぱりコロナウイルスのせいでキャンセル続出だそうで・・・(大汗)
各種会合が次々とキャンセルとなり大変な状態だという。
そういう中で、我が会は茨城県各地から“単位法人会”が集まるのだから、世の中の流れに逆らってないか?(苦笑)
茨城県ではまだコロナウイルスの感染者は出ていない。(・・・ということになっている・・・公式には・・・)(大汗)
どうだろ・・・我々が第1号になるというのは・・・(苦笑)
「法人会連合会の会合で感染しました!」という事になれば、カネをかけずに全国的に有名になれるぞぉ~(大笑)
で・・・感染場所は、このホテル!(笑)
「ホテルも広告宣伝費をかけずに有名になれるからいいでしょ?」と言ったら「勘弁してくださいよぉ~そんなことになったら、このホテル、潰れちゃいますよぉ~」とホテルマン・・・(大笑)
そうだよなぁ~・・・・ビクビクものだよなぁ~

開始5分前になっても、会場はガラガラ・・・・
あらら・・・もしかして、みなさん、ドタキャン?
真面目に来たのは、我々ぐらいなのか?(大汗)
・・・・・と、思っていたら、セミナーが始まってからパラパラと入室者が続き、そこそこ会場が埋まった。(唖然)
ただの遅刻である!(唖然)
それも別な意味で問題だと思いますけど・・・・(大汗)
少なくとも開始5分前には着座して待つのが講師への礼儀だと思いますが・・・
どういう神経しているんだろう・・・この人達・・・・
みなさん、会社の役員、経営者のはずなんだけど・・・(怒)

070_convert_20200419145415.jpg

セミナーのテーマは『財政・税制と社会保障を巡る課題』
講師は法政大学の小黒一正教授である。

内容は4つに分かれる・・・
①景気循環、②内閣府の中長期試算、③財政・社会保障の将来の見通し、④改革の哲学(税制・社会保障)である。
グラフと数値を駆使してのお話しなので、数字に弱い拙者としてはなかなか理解しづらい・・・(苦笑)
どうも「経済学」って苦手なんだよなぁ~(苦笑)
そもそも拙者は“数字”というのをあまり信用していない・・・(大笑)
数字は、ちょっといじればどうにでもなると思っている。
拙者は自分の“勘”を頼るような人間である。(大笑)
が・・・勘だけというのではどうしようもないから、何かしらの“数字”が必要になるのだろうが・・・
“分析”なんて言っているが、本当だろうか?(苦笑)
なんとなく“分析”しているつもりでいるだけではなかろうか?(大笑)
1995年から20年間の毎年の政府の成長率の予想の当たった確率は28%である。
つまり・・・3割程度しか景気予測は当っていないのである。
やたらと“数字”を駆使してはじいたのだろうが・・・
で・・・2029年の名目GDP成長率を1.1と予測しているんだから、ちょっと信じられない。
今までの平均が0.44だったのに?
急に1.1に上がるのか?
“期待”が“予測”にすり替わってしまっているのではなかろうか?(大汗)
現実には予測不可能なんだろうと思う・・・
大規模災害が起これば、当然、景気に影響を与えるわけだし・・・
その大規模災害を予測してはいないだろうからねぇ~(苦笑)

社会保障も同様で・・・
「社会保障給付費の見通し」も2040年度には、相当の額になる。
しかし、2018年度のGDPが564兆円の時に、給付費は121兆円だったが、2040年度の給付費は188~190兆円との見通しなのである。
その前提は、2040年度のGDPが790兆円となった場合なのである。(唖然)
2040年度に、GDPがそこまで上がるかね?(大汗)
この前提が崩れたら・・・どうなるんだろう?
またカネが足りないと言って消費税を上げるのかな?(汗)
2010年からの10年間で社会保障給付金は26兆円も増えているので・・・その調子、またはそれ以上の調子で増えたらどうなるんだろうか?(汗)

年金の支給額を減らすことになると・・・・貧困高齢者が増えるわけで・・・
う~ん・・・医療、介護、年金・・・社会保障はどうなるか・・・(汗)
数字だけで、どうこう言われてもサッパリわからないなぁ~(苦笑)

ただ、今回のようなコロナウイルスが蔓延したとして・・・・
肺炎にかかって死ぬのが中年以上の高齢者ばかりとなれば・・・
中年以上の高齢者が何万人、何十万人も死ねば・・・(苦笑)
「高齢化社会」の看板を返上できて社会保障は何とかなるかも・・・(大笑)
そうなると、コロナウイルスは財政破綻回避の救世主となるかも・・・(苦笑)
などと・・・余計なことを考えていたら、益々講義の内容がわからなくなってしまった・・・(大笑)

セミナー閉会後、一人で水戸城大手門へ行ってみることにした。(笑)

スポンサーサイト





日記 | 15:02:09 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する