FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

生命保険を解約する
本日、某保険会社の担当者を呼んで、生命保険の解約手続きをおこなう。
何本か入っている生命保険のうちの一番保障額の大きな保険である。
以前から入っていたもので、死亡保障額は2000万円・・・
当然、掛け金も大きい。
一度、更新があって、掛け金を従来と同じ額にしたら1千数百万円に死亡保障額が減った。
まぁ、やむを得ないと言えばやむを得ない・・・

この保険に入っていた理由は・・・
もし、拙者が親父より先に死ぬようなことがあった場合を想定してである。
必ずしも親の方が先に死ぬとは限らない。(大笑)
拙者が先に死んだら、親父の面倒を見る人はいなくなるから、施設に預けるより仕方があるまい。
その“資金”としての拙者の生命保険である。

一昨年、親父が予定通り・・・年功序列で・・・先にこの世を去った。(苦笑)
ということで・・・この生命保険はもう用が無いのであるが・・・
迂闊にも解約するのを忘れていた!(大汗)

60歳になると、再び更新することになるらしい。
今まで通りの掛け金だと、死亡保障額は1千万円を切って数百万円にまで落ちる。
従来の保障額を維持するためには、単純計算で、今より毎月2万円ほど掛け金が上乗せという事になる。
年間で20万円以上の上乗せである。(大汗)
たった数百万円の死亡保障のために、そんなに掛ける必要があるだろうか?

入院費の保障は1日1万円・・・・
この時代に30日も入院するというようなことは滅多にないのではなかろうか?(苦笑)
仮に30日入院したところで、もらえるのは30万円である。
それなら、30万円を貯金しておいた方がいい・・・
何もなければ、他の事に使える・・・(大笑)

高度医療とかナントカ言っていたが・・・・
そういう医療は拒否して、運命を受け入れて大人しく死ねばいいのだから・・・(大笑)
そういう保障も、どうしても必要ということもない。

いずれにせよ、本来の目的は無くなったわけで・・・
妻や子供がいるわけではないから、無理してカネを残す必要もない。(大笑)
他にも保険に入っているし・・・・
拙者が死んだ時の後始末は、その保険金を使って妹にやってもらおう・・・(大笑)
というわけで・・・一番、負担額の大きい、この保険を解約することにした。

問題は・・・
こういうふうに解約した途端に怪我とか病気とかして入院・手術をするようなことが起きるかも・・・ということ・・・(大笑)
そういうことって起こらないとは限らない・・・(汗)
そこが問題だ・・・(笑)
そういう“脅迫”をしながら保険会社は大きくなっていくのだろうが・・・(大笑)
何事も気の持ちようである。(笑)
自分は病気にならない、事故にも遭わない、手術も入院もしない、死ぬときは即死!(大笑)
・・・・と思えば・・・ねぇ~

保険を掛ける意味はなくなったのだから解約!(笑)
外交員が何と言おうと、解約である。(大笑)
スポンサーサイト





日記 | 18:22:13 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する