FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『静かなる日本侵略』


はじめに

第1章 中国人だらけの日本
 生徒の9割が中国人留学生という異様
 カッコウのヒナを育てる「お人好しニッポン」
 「多様性」という名の美辞麗句
 教授をつるし上げる中国人留学生
 狂暴化する「千葉の中国人」
 この団地を乗っ取ってやる
 埼玉には元祖「チャイナ団地」
 見て見ぬふりのUR
 美談仕立てで臭い物にフタ
 老華僑と新華僑
 中国人住民による「数」の脅威
 日本の医療保険制度にタダ乗りする中国人

第2章 孔子学院は中共のスパイ機関なのか
 きっかけは天安門事件
 ディープチャイナ(腹黒い中国)戦略
 恩を仇で返される日本の政治家たち
 立命館の孔子学院は取材拒否
 孔子学院はFBIの捜査対象
 孔子学院に無防備な文科省の怠慢
 中国に侵食されるオーストラリア
 「尖閣は中国領」を掲げるAPU孔子学院
 情報インフラの中枢に食い込む中国企業
 日本にも欲しい「内政干渉阻止法」
 中国のために奔走するイラン系スパイ議員
 世界を席巻する中国人移民
 中国が相手国政府へ浸透する手口
 中国当局の女スパイが暗躍
 中国のトラップに引っかかる政治家たち
 孔子学院は学術界へのマルウェア(悪意あるソフト)
 クライブ・ハミルトンが語る「静かなる侵略」
 孔子学院による多額の献金攻勢
 米国でスパイ疑惑の中国系企業「華為技術(ファーウェイ)」
 米国の孔子学院も疑惑の集中砲火
 孔子学院を強く牽制する米国防権限法が成立

第3章 日本の離島が危ない!
 人口35人の集落に6千人の中国人!?
 日本人の目につかぬ場所に中国人
 奄美の一部が中国の治外法権に
 ザル状態の離島防衛
 知らぬままに進む誘致計画
 入国審査の簡略化を求める公明党議員
 消えるクルーズ船の乗客
 相次ぐ中国人船客による犯罪
 止まらぬ中国人の失踪
 スウェーデンでは移民がギャング化
 特殊詐欺にも関与する中国人船客
 そんな中国人たちへの「ビザ免除」
 大型クルーズ船の誘致はトーンダウン
 公明党・遠山議員に直撃インタビュー:「失踪中国人は国防上の脅威ではない」
 東シナ海は緊張の海
 公明党・遠山氏「中国からの働きかけはない」
 なぜ観光客誘致に前のめりなのか
 寄港候補地の条件
 二転三転する誘致計画
 陸自の新基地建設と同時期に誘致話が浮上
 「関心がない」と関心を示す地元代議士
 官房長官と公明党
 占領の危機を脱した、西郷どんが愛した町
 「22万トン、6千人」の巨大クルーズ船がやって来る
 つきまとう中国人のダーティ・イメージ

第4章 日本近海を暴れ回る北朝鮮と中国
 何かが変だ:相次ぐ北漁船の難破
 漁民か、工作員か
 北朝鮮の背後に中国の影
 恫喝目的?小笠原に200隻の中国漁船
 中国漁船を銃撃して拿捕:パラオ共和国を見習え
 中国漁船に海上民兵
 尖閣にも大挙して襲来する中国漁船
 五島列島も威嚇:民間協定で「間接侵略」を手引き!?
 九州の離島には本能的な警戒感がある
 沿岸強化で日本の島々を守れ

第5章 韓国に占領される国境の町
 韓国資本に買い漁られた対馬の海自基地
 韓国嫌いは「日本ヘイト」が原因
 「防衛省が馬鹿なんだよ」怒る地元住民
 雇用創出で苦渋の選択:韓国資本受け入れ
 天皇皇后両陛下の石碑が韓国の人質に
 ルーピー鳩山の悪夢
 ホコリをかぶったままの「外国人土地法」
 対馬市を長崎県から福岡県に移管せよ
 無視できない韓国人観光客の落とす金
 「対馬も韓国領」というナンセンス
 仏像盗難で悪化する住民感情
 木槿の違法植栽事件に見る韓国人の無駄な狡猾さ
 勇猛果敢な対馬武士の誇り
 だれが国を守るのか

おわりに



中国人や朝鮮人(北朝鮮・韓国)は、なんで、こうなんだろう?
ある程度は見聞きして知ってはいたが、こんなにヒドイとは・・・驚いた。
過剰な性善説に毒されている日本人には、これでもまだわからないのだろうか?
明らかな“侵略”だと思うのだが・・・
日本人は、もっと痛い目に遭った方がいいのかなぁ~
こういう“警鐘”が、どこまで伝わるか・・・・
国民の大半が“平和ボケ”では、やられるだけやられるしかないのかも・・・
私はそんな目に遭うのは嫌だが・・・・


今年の読書:64冊目

スポンサーサイト





読書 | 23:39:02 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する