FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

中国人の覚せい剤密輸事件
北海道で、米国から覚せい剤1.9キロをカップラーメンに隠して密輸した疑いで中国・香港の女(31歳)が逮捕された。
覚醒剤1.9キロは末端価格で約1億2千万円になるそうで、通常の使用量で約10万回分に相当するという。(唖然)
この覚醒剤・・・・
1袋15グラム前後の小袋に入れ、粉末スープに似せてカップラーメンに仕込んだらしい。
東京税関が米国からの航空貨物に隠された、この覚醒剤を発見し、厚労省の麻薬取締部が、宛先となっていた札幌市内の、この中国人女性のマンションを内定して、川崎市内で覚醒剤1キロを所持しているところを現行犯逮捕したという。

多くの外国人を受け入れるという国の政策・・・
こういう外国人も潜り込んで、日本に居住して悪事を働くんだから、もう少し考えたらいいと思うのだが・・・
10万回分の覚醒剤って・・・単純計算でいうと10万人分でしょ?
川崎市内で捕まったということは、札幌から川崎へ出かけて売るつもりだったわけでしょ?
いわゆる「売人」というわけだ。
こういう売人は所持しているだけで死刑にした方がいいんじゃないか?(苦笑)
小袋にわずかな量・・・ということなら“仕込まれた”“ハメられた”ということも考えられるが・・・
1キロも持ち歩いていたら、そりゃ、売人だということは明らかでしょ?
日本は甘いんだよなぁ~

本人は「これは食材だ」と言い張って容疑を認めていないらしい。
ならば・・・目の前で、このカップラーメンを食べてもらえばいいと思うのだが・・・(苦笑)
15グラムの覚せい剤のスープを飲み干してもらうと、どうなるか・・・(大汗)
見物だと思うが・・・
こういう前例を作って“見せしめ”にしないと、覚醒剤の密輸は撲滅できないのではなかろうか?(苦笑)
スポンサーサイト





エッセイ | 16:35:41 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する