FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

常磐橋の広告塔
181_convert_20191201182451.jpg

常磐橋の「広告塔」について

広告塔は、明治23年頃、長崎街道の東の起点である常磐橋の袂(たもと)に建てられました。
森鴎外の小説『獨身』において広告塔は、西洋から直接小倉に伝わった「東京にないもの」のひとつとして挙げられ、「常磐橋の袂に圓(まる)い柱が建ってゐる。これに廣告を貼り付けるのである。」と書かれています。
当時の小倉は、隣接する門司の西洋化に触発され、近代化への歩みを始めたころでした。
このような時代背景において建設された広告塔は、ヨーロッパの街にアクセントを与えていた塔をモデルにした斬新なデザインであり、商業地小倉らしいアイディアで親しまれていました。
その後、明治時代の末期には、塔の下方が便所として改築され、昭和20年代後半まで多くの人に利用されていました。
このモニュメントは、紫川周辺の景観整備の一環として、小倉文化の象徴であった「広告塔」を当時の面影を残しつつ、新たに証明機能を備え、約三分の一の大きさで復元したものです。

平成15年 北九州市

(説明銘板より)


【福岡県北九州市小倉北区・常磐橋の京町側】

スポンサーサイト





史跡 | 17:47:06 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する