FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

技術情報の持ち出し・・・
自分が勤めていた会社から技術情報を中国に不正に持ち出したとして、日本人の元社員(43歳)が、不正競争防止法違反(営業秘密領得など)の疑いで逮捕されたという。
この男・・・
中途入社で7年間働き、その後、競合他社である中国の企業に転職したという。
その転職前に技術情報を複製して持ち出したらしい。

今回の逮捕は、秘密情報を持ち出し、国外での使用などを目的とした場合には重罰とするように不正競争防止法を改正してから初めての適用だそうだ。
が・・・本人は「複製したことは間違いないが、不正に利益を得るつもりはなかったと」などと容疑を一部否認しているそうだ。
じゃぁ、利益を得るつもりがないのになぜ複製したんだ?・・・ということになると思いますが・・・(苦笑)
そんな論法が通じるんだろうか?
本人は中国在住らしいから、中国人化しちゃったのかな?(大笑)

いずれにせよ、これって、一般的には「スパイ」と呼んでもいいんじゃなかろうか?(苦笑)
この男が勤めていた会社は超細密印刷技術を持つ企業で、その技術を利用してスマートフォンのタッチセンサーなどを開発し、この分野では世界的なシェアを持っているという。
ということは・・・この技術情報を手土産に中国企業に転職したのだろう。
となると・・・これを「スパイ」と呼んでいいかどうかは微妙かもしれませんが・・・(大汗)

しかし、「不正競争防止法違反」では・・・ねぇ~・・・・
ちょっと持ち出しました・・・では・・・ねぇ~
どうもピンとこないし、事の重大さが霞んでしまうような気がしますが・・・(汗)
やっぱり「スパイ防止法」というのは必要かも・・・
「スパイ事件」となると、事の重大さが世間にもよくわかってもらえるんじゃあるまいか?
スポンサーサイト





エッセイ | 21:11:37 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する