FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

皇居周辺にドローン?
5月2日の夜、皇居周辺など都内の広い範囲で、ドローン(小型無人機)のような物体が飛行しているという目撃情報が相次いだ。
皇室関連行事の警備のため皇居周辺を警戒していた機動隊員が、夜8時ごろ光を点滅しながら移動する不審な飛行物体を目撃し、それから数時間、同様の目撃が都内の広範囲で相次いだという。(大汗)

警視庁は、翌3日、不審な機体が落下していないか捜索を実施したという。
ん?・・・翌日にか?
いくらなんでも遅くないか?(唖然)

この謎の物体が、ドローンだった場合・・・
皇居周辺の(どこまでの範囲を周辺というのかは知らないが・・・)飛行を原則禁止したドローン規制法や、人口密集地や夜間の飛行を原則禁じた航空法に違反している“疑い”があるという。
“疑い”って・・・飛んでたんでしょ?・・・明らかに・・・(苦笑)
「違反です」と断言できないのは何故だろう?(苦笑)

いずれにせよ、すべてが後手後手である。
ドローンの販売が先で・・・あとから法律が追っかけている感じ・・・
開発するのは構わないが、一般に販売していいかどうかを誰も考えなかったのだろうか?

ドローン規制法とか航空法なんて、誰も知らないだろうし・・・
法律を勉強して飛ばすなどという真面目な人は、そもそも遊び感覚でドローンなんか飛ばさないだろうし・・・
多分、ゲーム感覚なんだろうなぁ~
関連法規を勉強してからゲームをやる奴はいないから・・・

だいたい、操縦資格を免許制にしないで、ドローンの販売を放置していたのがいけないのではなかろうか?
昔は、ラジコン飛行機というのがあったが・・・(今もあると思うけど・・・)
皇居周辺や人口密集地の上空を飛ばすなんていう非常識なことはしなかったと思うのだが・・・
今は、そういう“常識”は通用しないようである。
それだけチャラい人間が増えたということかもしれない。
まともな躾もされずに育って・・・自分が楽しけりゃ他は関係ない・・・という人間が増えたのかも・・・
それと、外国人・・・・
小型で軽量ならば、誰でも持ち込める。
そういう奴が東京を空撮するとして飛ばしていた可能性もある。
外国人に「航空法」を語っても通じないだろうなぁ~

一番マズイのは、今回の“飛行”がテロの予行演習だった場合である。
翌日に、墜落しているかもしれない機体の捜索をするようでは・・・ねぇ~
そのタイミングって・・・・テロが行われた後ですけど・・・(大汗)

無許可飛行しているドローンを見つけたら、即、撃墜する武器を開発すべきではなかろうか?
性善説に基づく平和ボケも、ほどほどにしたほうが良いかも・・・(大笑)
スポンサーサイト





エッセイ | 14:44:10 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する