FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『内務省~名門官庁はなぜ解体されたか~』


序章 内務省の亡霊
      内務省とは何だったか
      Ministry of Home Afairs
      内務省が復活する?
      旧内務省出身者の「名簿」
      内務省の亡霊

第1章 内務省解体
      CIVIL AFFAIRS HANDBOOK JAPAN というマニュアル
      敵愾心をもやした占領軍
      警保局保安課の正体
      占領政策を実施させたあとで
      Decentralization 指令
      組織分割か、解体か
      GHQ民政局次長ケーディス
      ふくれあがった地方出先機関
      1947年12月末
          警保局
          地方局
          国土局
          調査局

第2章 大久保利通以来の名門
      内務省の生成
      国の国たるゆえんのもと
      初代内務卿大久保利通
      大久保利通卿の日記から
      なんでも官庁
          「貧窮のなかで夫の介護をした女性へご褒美を」
          「苗字の名のりかた」
          「離縁のさい生まれた男子を連れてかえってよいか」
          「畑から出た古銭を内務省へさしだすべきか」
          「頭のふたつある骨をひろったが内務省にさしだすのがよいか」
      内務省の変遷
          内務部の設置
          勧業行政の分離
          内務卿から内務大臣へ
      原敬大臣の日記から
      対米配慮と社会党解散命令
      山県有朋 VS 原敬
      木戸幸一大臣の日記から
      日独伊三国同盟と内務省
      内務省の弱体化
      内務官僚は優秀だったか

第3章 府県知事というもの
      府県は純粋の自治体にあらず
          市町村
          郡
      知事より偉かった市長
      簡素だった県庁組織
          地方総監府
          北海道・東京の特例
      牧民官(ぼくみんかん)としての府県知事
      名知事、有吉忠一(ありよしちゅういち)
      最後の沖縄県知事、島田叡(あきら)
      「琉球王」奈良原繁

第4章 警察
      近代警察の発祥
      目明(めあかし)に対する注意書
      司法警察と行政警察
          内務省警察の発足
          行政警察
      東京都に属さなかった警視庁
      日比谷焼打事件と警視庁廃止論
      左翼・右翼を取り締まった特高警察
          高等警察
          特別高等警察
          大掃除
      戦後の警察制度改革
      内務省史の汚点・選挙干渉
      1892年の選挙干渉
      品川弥二郎大臣の暴走
      選挙干渉の手順
          選挙取締り手口
          利益誘導
          新聞統制
          投票箱焼きすて
          殺人命令
          票読み
      詰め腹を切らされた内務官僚たち
          議会での追及
          首相の訓示
      ゴーストップ事件
          陸軍の反応
      内務省 VS 陸軍省
      宮沢賢治と内務省
          文芸懇話会
          東京宮沢賢治友の会
      案外小規模だった憲兵隊

第5章 社会行政など
      先進的だった社会行政
          都市計画
          建物強制疎開
      厚生省の基礎・社会事業
          窮民救助法案
          救護法
      社会事業の一環としての住宅行政
          住宅組合
      同潤会住宅
      廃兵院
      内務省のつくった養老院
          浴風園
          浴風園の処遇
          戦時下の浴風園
      現在につながる健康保険制度
          厚生省の新設
      全国津々浦々の神社を管轄
          神宮
      植民地行政と内務省
          植民地の法的位置づけ
          内務省と植民地の関係

終章 ふたたび、内務省とは何だったのか
      内務省は強大だったか
          内務大臣の内閣での位置づけ
      内務省復活批判論
          内政省案
          内務省出身者の活躍
          総務省
      内務省復活待望論
          危機管理

参考文献

内務省略年譜



今年の読書:52冊目

スポンサーサイト





読書 | 15:49:59 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する