FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

アイヌ支援新法
法律として初めてアイヌを「先住民族」と明記した法律が成立したという。
今まで、アイヌが北海道の先住民族であることは、誰もが認識していたと思うが・・・
わざわざ法律にしたのだから驚きである。

この法律・・・
アイヌを「先住民族」と明記し、独自の文化の維持・振興に向けた交付金制度を創設する「アイヌ民族支援法」という法律だそうで、政府や自治体の責任で産業や観光の振興にも取り組み、アイヌ以外の国民との共生や経済格差の是正を図るという。

ついつい、こういうことを聞くと突っ込みを入れたくなるのだが・・・(大笑)
そもそも、アイヌというのは今もいるのだろうか?
純血種(?)・・・純粋なアイヌという人はいるのだろうか?
すでに掛け合わさって「混血」になっていているのではないだろうかという気がするのですが・・・
そうなると、何世代まで遡って、ご先祖様がアイヌだから、この人は「アイヌ」と認定するのか?
その基準は明確になっているのだろうか?(汗)
そうしないと、誰も彼もが、私はアイヌですと手を挙げるんじゃあるまいか?
なにせ、この法律・・・交付金制度を創設するって言っているんだから・・・
カネ欲しさにアイヌに成りすます者も出かねないのでは?(汗)

「アイヌ以外の国民との共生を図る」とも言っているのだが・・・
共生していないのか?(大汗)
もう、十分、溶け込んでいるという気がしていたが・・・
アイヌだからということで、差別を受けているのだろうか?
だとしたら・・・具体的に、どんな差別を受けているんだろう?
どうも本州に住んでいると、こういうことがサッパリわからない。
アイヌが差別を受けて、北海道のどこかの“居留地”に閉じ込められているとか・・・という報道を聞いた覚えはないし・・・(汗)
本当に共生していないのかねぇ~
自分の方から、アイヌにこだわって、かたくなに共生を拒んでいるとしたら、ちょっと話は変わってくると思うが・・・(汗)

「経済格差の是正も図る」とも言う・・・(汗)
当然、その意味は、アイヌの方が経済的に貧しいということなのだろうが・・・
それはアイヌだからなのか?
もしかしたら、その人、個人の能力の問題ではないのか?(汗)

突然、降って湧いたような「新法」成立の話のような気がして違和感を覚える。(大汗)
なんで、アイヌの実態についてもっと報道をしないのだろうか?
法律を作ったから、それでよし・・・というものではないのではなかろうか?
もっとアイヌ以外の国民に、その“実態”を知らしめるべきではあるまいか?
スポンサーサイト





エッセイ | 15:02:08 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する