FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

本物の人骨標本?(大汗)
学校の「骨格標本」が本物の人骨と判明するケースが相次いでいて、少なくとも14府県で人骨が見つかっているという。
文部科学省によれば、事件性がなければ本物の骨格標本に問題はないという。
入手経緯等が不明なものが多いそうで、そのため不気味だとして学校現場では波紋が広がっているというが・・・
それは・・・いかに「骨格標本」が“学習”に利用されていないかという証拠ではなかろうか?(笑)
普段から使っているのであれば驚くほどのことではないと思うのですが・・・
利用していないから「こんなところに人骨が!」ということになるのでは?(苦笑)

逆に驚くのは学校関係者の発言・・・
「模型だと思っていたのに・・・」という発言である。
「標本」って本物を使うんでしょ?(苦笑)
本物だから「標本」なわけで・・・
「骨格標本」「人骨標本」と言ったら、その骨は本物の骨に決まっていると思うのですが・・・
模型ならば・・・「骨格模型」「人骨模型」って呼ぶのではなかろうか?(大笑)
「標本」と「模型」の意味がわからない学校関係者って、どうなんだろうね?(大汗)
そっちのほうが、驚きである。(苦笑)

そういう意味では・・・
「人体模型」はあっても「人体標本」は無いはず・・・(苦笑)
「人体標本」となっては、本物の人間を剥製にするか、全身をホルマリン漬けにするしかない・・・(大汗)
そんな気味の悪い・・・・(大汗)

私が小学生の時・・・・
我が小学校の理科室の奥の部屋のガラスの戸棚の中に瓶詰にされた人体の一部が並んでいたのを覚えている。
たぶんホルマリン漬けになっていたと思うが、液体の中に入っていた。
今でも覚えているのは胎児のホルマリン漬け・・・(大汗)
「これって本物だろうか?」と友達と話したことを覚えている。
脳のホルマリン漬けもあったが、ラベルは黄ばんでいて、かなり古いものだったように記憶している。
で・・・それよりもっとグロテスクなものもあったような気がするのだが・・・
あまりの恐ろしさのせいか、記憶が飛んでしまっている。(大汗)
人間の頭だったかなぁ~・・・なにか、すごいものを見てしまったことだけは覚えているのだが・・・
何だったのか・・・(大汗)
これらの標本が私が小学校に通っていた6年間に授業で使われたことはなかった。
部屋の隅っこに「骨格標本」もあり、「この骨、本物かな?」と友達と話をしたが・・・
骨よりよりホルマリン漬けのほうがショックだった・・・(大汗)

あれは「標本」fだから本物なのだろうなぁ~と今は思っているが・・・
その後、あれはどうなっているだろうか?
校舎が建て替えられた時に、気持ち悪いから捨てちゃっているかな?
ふと・・・あのホルマリン漬けの瓶を思い出した・・・(大汗)

人骨ぐらいのことで騒ぐとはね・・・・
今の学校には「ホルマリン漬けの人体の一部」っていうのは置いていないのだろうか?
スポンサーサイト





エッセイ | 12:06:42 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する