FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『昭和天皇実録』に間違いが5000ヶ所!(愕然)
『昭和天皇実録』とは、昭和天皇の生涯を記録した本で、公文書や側近の日誌など約3千点の資料をもとに宮内庁が編纂したもので、昭和天皇が崩御した翌年の平成2年から編纂作業が始まり、24年かけて平成26年8月に完成したという。
原本は天皇・皇后両陛下に献上され、その他の皇族の方々や報道機関にも提供されたそうだが・・・
なんと!・・・今頃になって、5000ヶ所も間違いがあったことが分かった・・・という。(唖然)

人名や日時などの誤字脱字や資料の誤用があったというのだが・・・それだけじゃないんじゃないの?(苦笑)
しかし、原本は天皇陛下に献上しちゃったんでしょ?
どうするんだろう・・・・(大汗)
正誤表を渡されても、5000ヶ所もあったのでは、読む方は大変であろう。(大汗)
天皇・皇后両陛下が正誤表と見比べながら、首を横に振りながら読むのか?
いやぁ~なんと失礼な事か・・・
それとも天皇陛下が読んでいる側で、皇后陛下が正誤表を読み上げて訂正箇所を指摘するように仕向けたのか?
わざと、二人の共同作業じゃないと読めない代物にしたのか?(苦笑)

一般向けの公刊本として出版されるのを前に、宮内庁が確認作業をした時に、これらの間違いが発見されたのだという。
普通・・・・天皇陛下に献上する前に確認作業をするんじゃなかろうか?(汗)
宮内庁のどんな職員が携わったのかしらないが・・・・
時代が時代だったら、切腹ものであろう?(苦笑)

公刊本の発刊後にも、数十カ所の誤りが見つかったというのだから、更にお粗末である。
宮内長官は正誤表の作成に全精力を費やすと謝罪したそうだが・・・
こんな調子では、その正誤表にも間違いが出る可能性を否定はできまい。(笑)
そうなると正誤表の、そのまた正誤表が必要になるかも・・・(苦笑)

「宮内庁」という権威を後ろ盾にしただけの能力の低いものが、やるから、こういうことになるのかも・・・(大汗)
厖大な量だろうから間違いがゼロというのは不可能だろうが・・・
5000ヶ所以上も間違うなんて・・・・「宮内庁」はお粗末である。

が・・・もしかして・・・
多くの研究者や学者が、この公刊本から引用してものを書くわけだから・・・
わざと誤記して、引用させようという謀略かも?
これは研究者や学者、作家等に対する嫌がらせかも?(大笑)
と・・・・言われてもしかたがないかも・・・5000ヶ所では・・・ねぇ~
スポンサーサイト





エッセイ | 22:00:30 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する