FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

公立本所小学校跡
009_convert_20190809152209.jpg

公立本所小学校跡
所在地 墨田区亀沢四丁目11番15号 墨田区立竪川中学校

当地にほど近い亀沢三丁目13番地には、久保尊保(田安徳川家旧臣)が明治4年(1871)に開いた私塾、松川堂(しょうせんどう)がありました。
松川堂は明治7年5月に公立本所小学校となり、明治8年11月、当地に校舎が新築されました。
校舎は日本で本格的な洋風建築が普及する前に建てられた擬洋風建築(ぎようふうけんちく)の建物で、バルコニーに唐破風(からはふ)を付けた二階建ての洋風建物を中央に配し、その両側にガラス戸をはめ込んだ平屋の和風建物が接続していました。
本所小学校は、開校当時、近所に屋敷を構えた尾張徳川家より多額の寄附を受けました。(このため尾張学校とも呼ばれました)。
徳川家の資料の中には校舎を撮影した写真が残され、文明開化の息吹きを伝える建物が本所地域の子供たちの新しい教育の場になったことをよく伝えています。
児童256名、教員5名から始まった本所小学校は、明治44年(1911)には児童2,094名、教員30名を数えまでになり、廃校となる昭和21年(1946)までの間に8,000名を超える卒業生を送り出しました。

平成30年11月10日   墨田区教育委員会

005_convert_20190813221526.jpg 006_convert_20190813221551.jpg

本所小学校は、近所に屋敷を所持した尾張徳川家より寄付を受けて開校し、尾張学校とも呼ばれました。
写真は、その尾張徳川家に伝来したものです(徳川林政史研究所提供)。

(説明板より)


【東京都墨田区亀沢4-11-15】

スポンサーサイト





史跡 | 14:52:15 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する