FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『報道しない自由』


はじめに メディア・コントロールの敗北

第1章 政権を揺るがしたメディア・コントロールのカラクリ
 本来はポジティブな意味だった「フェイク」
 「フェイク・ニュース」という言葉の登場
 無視されるメディアの基本「5W1H」
 開校反対派のキャンペーンが森友学園問題の発端だった
 ソースは福島瑞穂氏が投稿した動画で一目瞭然
 周到に準備されていた森友学園の情報
 計画的に拡散されたゴシップ情報
 北朝鮮は「Jアラート」発令前に発射を予告していた
 巧妙に隠蔽される北朝鮮情報
 「矮小化」して危機感を失わせる動き
 加計学園問題が飛び出した絶妙なタイミング
 「安倍封じ」への焦りが生んだ周到な計画
 ヒーローとして演出された前川喜平・前文部科学事務次官
 加計学園の認可は「ゆがめられた行政」を正すものだった
 放送時間は「前川氏10」に対して「加戸氏0.4」
 一時的に勝利したフェイク・メディア
 フェイク・ニュースの目的は憲法改正阻止にある

第2章 メディア・コントロールとは何か
 いまだに絶大な信頼を集めるマスメディア
 都議会議長は小池百合子氏との握手を拒否していなかった
 なぜ、「ワイドショー」のフェイク・ニュースが効果的なのか
 世論は「朝ドラ」と「ワイドショー」でつくられる
 昭和時代からやらせ体質だった「ワイドショー」
 『アフタヌーンショー』と「朝日新聞サンゴ事件」
 メディア・コントロールが公となった「椿発言」
 椿氏の証人喚問から読み解くメディア・コントロールの実態
 ニュースの論調は「クロス・オーナーシップ」で決まる
 新聞社を軸として編成された「クロス・オーナーシップ」
 「反共の壁」として設立された日本の民放
 なぜ、正力松太郎はCIAの協力者となったのか
 「クロス・オーナーシップ」を法律で禁じるアメリカ
 禁止法案つぶしに奔走する新聞記者
 「電波オークション法」はメディア再編の切り札になるか

第3章 なぜ、メディアは「歴史洗脳」をするのか
 いまなお生きている『閉ざされた言語空間』
 日本の歴史を破綻に追い込む「退位」という表現
 「言葉狩り」される皇室用語
 ポツダム宣言の完遂が目的だった「WGIP」の誕生
 WGIPがつくったフェイク・メディアの温床
 NHK設立の裏に隠された闇
 「アメリカの正義」がゆがめた言語空間
 「自主規制」と「自主検閲」を強いたGHQ
 WGIP遂行のために改組されたNHK
 なぜ、皇族は継承ではなく「さま」と呼ばれるのか
 「さま」に対するNHKの公式見解
 天皇陛下を国会に「お迎えする」の嘘
 「朝ドラ」が描いた太平洋戦争暗黒史観
 反戦傾向の強い1970~80年代の「朝ドラ」
 なぜか太平洋戦争を語り始める「朝ドラ」ヒロイン
 女性たちに支えられる反戦思想
 それでも日本人がアメリカによって変えられることはない

第4章 なぜ、北朝鮮と中国の軍事的脅威は報じられないのか
 すべては菅直人政権の「尖閣ビデオ」隠蔽から始まった
 報道されない事実①―アジアは日本の憲法改正と再軍備を歓迎している
 報道されない事実②―イギリスのメイ首相は自衛艦で栄誉礼を受けた
 報道されない事実③―北朝鮮はすぐにハワイを攻撃できる
 報道されない事実④―台湾は日本の軍事力に興味を持っている
 日本メディアが最も隠したい軍事情報の真実とは

第5章 メディアに騙されない方法
 レベルの低いプロパガンダにすぎないフェイク・ニュース
 フェイク・ニュースを見きわめる14の条件
 長い記事より「短信」を中心に見る
 発信者が信頼できる人かどうかを見る
 「ポリティカル・コレクトネス」に傾倒していないかを見る
 「その人は本当に弱者か」を客観的に見る

終章 あらゆるメディアは「プロパガンダ装置」である
 「ベルリンの壁」と、見えない「東京の壁」
 中国共産党と「報道しない自由」の共通点
 「終戦の詔勅」に込められたGHQへの抵抗
 立憲民主党の躍進と「21世紀のコミンテルン」
 9年前から予見していた「報道しない自由」の兆候
 「マスコミ自滅元年」となった2017年
 民主党政権誕生を招いた「平成の改革」という妄想
 安倍晋三が「標的」となった本当の理由

おわりに こんなメディアに、私たちは負けるわけにはいかない 


今年の読書:45冊目

スポンサーサイト





読書 | 20:45:57 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する