FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

烏亭焉馬居住の地
306_convert_20190727114931.jpg 304_convert_20190727114903.jpg

303_convert_20190729231418.jpg

烏亭焉馬(うていえんば)居住の地
所在地 墨田区千歳2丁目14番

烏亭焉馬は江戸時代中期に活躍した戯作者(げさくしゃ)、狂歌師で、江戸落語を中興した人物です。
本名は中村英祝、通称を和泉屋和助、居住地にちなみ立川焉馬とも名乗りました。
寛保3年(1743)に本所相生町3丁目(現墨田区両国4丁目)に生まれ、文政5年(1822)に亡くなるまで堅川沿いに住まいを構えたことから、太田南畝(なんぽ)は『太平楽紀文』の序文で、「相生町のはへ(え)ぬき」と呼びました。
焉馬の父は大工棟梁、兄も山形庄内藩お抱えの棟梁でした。
焉馬も幕府小普請方(こぶしんがた)の大工棟梁を務めました。
演劇や茶番に通じ、俳諧や狂歌を嗜(たしな)むなど町人としては余裕のある暮らしぶりでした。
隠居の後は町大工棟梁として采配を振るい、家族は足袋屋や香堂を営み、さらにゆとりが増えます。
多くの文人と交流があった焉馬は、その人脈をもとに精力的に活動します。
まず、作品として両国の見世物を題材とした滑稽本や、現在でも上演される人気演目「碁太平記白石噺(ごたいへいきしろいしばなし)」などが発表されます。
天明6年(1786)、向島の料亭武蔵屋にて「落噺(おとしばなし)の会」が行われました。
焉馬の狂歌師仲間や競演作者たちが百人余り集い、その中には焉馬が贔屓(ひいき)にする五代目市川團十郎もいました。
その後、焉馬の自宅などで定会(月例会)が開かれるようになり、鹿野武左衛門(しかのぶざえもん)以来途絶えていた落語が復活しました。
この流れから初代三笑亭可楽(さんしょうていからく)や初代三遊亭圓生(さんゆうていえんしょう)らの職業落語家が誕生し、現在伝統をつないでいます。
ゆえに焉馬は、江戸落語中興の祖と呼ばれています。
現在、牛嶋神社の境内にある焉馬の狂歌碑(墨田区登録有形文化財)には「いそがずば濡れまじものと夕立のあとよりはるる堪忍(かんにん)の虹 談洲楼(だんしゅうろう) 烏亭焉馬」、裏面には「文化七歳庚午三月吉日建 本所堅川相生街 中村和助英祝」と刻まrています。

平成22年3月
墨田区教育委員会

(説明板より)


【東京都墨田区千歳2-14】

スポンサーサイト





史跡 | 18:12:20 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する