FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

本因坊屋敷跡
248_convert_20190727103234.jpg

江戸の町
本因坊屋敷跡

ここに本因坊屋敷がありました。
本因坊家は、囲碁の名門で、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人に仕えた日海(一世本因坊算砂)を開祖とする家系で名棋士を輩出してきました。
「本因坊」の名は、算砂が住職を務めた寂光寺の塔頭の一つに由来しています。
もともとその拝領地は芝金杉にありましたが、幕府に接収されたため、その代地として元禄元年(1688)、この場所が屋敷となりました。
江戸期を通じて、常に囲碁四家元(他に、安井家、井上家、林家)の筆頭の地位にあり、道策、大和、秀和、秀策、秀栄などの棋士を生んでいます。
特に江戸末期の秀策は、史上最強の棋士として「棋聖」と呼ばれました。
現在は、実力制で争われる多くのタイトル戦のさきがけとして名が残っています。

墨田区

(説明板より)


【東京都墨田区両国3-5-7】

スポンサーサイト





史跡 | 12:22:15 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する