FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

正岡子規文学碑
156_convert_20190712172509.jpg

  横須賀や
只帆檣の
  冬木立
        子規



正岡子規の文学碑

明治21年(1888)8月、正岡子規は夏季休暇を利用して、友人とともに汽船で浦賀に着き、横須賀・鎌倉に遊んだ。
碑の句は、横須賀港内に連なる帆檣(はんしょう)(ほばしら)の印象を詠んだもので、句集「寒山落木」に収録されている。
正岡子規は、慶応3年(1867)9月17日、伊予国温泉郡(現・愛媛県松山市)に生まれ、本名を常範(つねのり)といった。
松山中学校時代は政治家志望であったが、上京後は文学に転じ、文科大学国文科(現・東京大学)に進んだ。
子規は写実(写生)を主張して、空想を排する俳句の革新を行った。
その考えを新聞「日本」紙上に、「獺祭書屋(だっさいしょおく)俳話」(明治25年)、「俳諧大要」(同28年)として表した。
また句作は生涯に2万句を数え、特に明治25年(1892)から同31年(1898)までは毎年千句以上を創作した。
同30年(1897)には「ホトトギス」が創刊され、以来子規派の雑誌として注目された。
一方、同年には、『歌よみに与ふる書』を「日本」に掲載し、短歌の革新にも着手した。
これは、俳句で主張した写生を短歌の上にも及ぼしたものであった。
子規は明治35年(1902)9月19日、35歳の若さで亡くなったが、彼の主張は、俳句では、高浜虚子、河東碧梧桐らが継承し、短歌では、斎藤茂吉、島木赤彦らの「アララギ」派に受け継がれていった。
また、彼の提唱した写生文は、夏目漱石、伊藤左千夫ら後続の文学者に影響を与えた。

横須賀市

(説明板より)


【神奈川県横須賀市・ヴェルニー公園】

スポンサーサイト





史跡 | 13:23:08 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する