FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

鶏卵の価格、暴落!
鶏卵は「物価の優等生」と言われている。
その理由は、安値安定だからだそうだ。
その鶏卵の価格が15年ぶりに安値をつけた。
暴落である・・・(唖然)
「JA全農たまご」Mサイズの東京地区の価格は、昨年末と比較すると約46%も値下がりしたという。
半値近くなってしまうとは驚きである。
その主な要因は、3年前の高値をきっかけに生産者が増産へ舵を切ったためで、その反動から供給がだぶついているせいだという。
3年前と比べると、我が茨城県では鶏が約16万羽、全国では約106万羽も増えているのである。
その反動で価格が暴落しても、そうそう簡単に生産の抑制が出来ない。
鶏は初めて卵を産んでから約800日間にわたり毎日卵を産み続けるのだそうだ。

全国トップの出荷量を誇る我が茨城県の生産者は真っ青だろう。
毎日、約800日間にわたって産み続けられたのでは、2年ぐらいは供給過剰が続くということになるか?(大汗)
生産を抑制する仕組みとして、鶏舎を60日間空けた生産者には国が補助金を出す仕組みがあるそうである。(唖然)
またもや「補助金」か・・・
働かなければカネをくれる・・・というのだから呆れるが・・・
鶏舎を空にするということは、どういうことだろうか?
鶏を“虐殺”して始末してしまえ・・・ということだろうか?(苦笑)

東京地区では1キロ185円から100円に値下がりしている。
この価格のままで生産を抑制して卵の流通量を減らすと、当然、収益は減るわけで・・・
収益を確保するためには、今まで以上に鶏卵を生産して大量に出荷するしかないということになる。
これでは悪循環だろうなぁ~
どうするんだろう?

大手の生産者は順番で鶏を入れ替えて卵を産む準備をしているので、補助金を出す抑制策を発動しても意味がないと中小生産者たちは言っているそうだ。
60日間も鶏舎を空にして生産を止めていたら、その間に大手に市場を乗っ取られてしまうかも・・・(大汗)
その可能性はないとは言えまい?
大手は自分のことしか考えないからねぇ~(汗)
中小生産者や業界や国のことなど考えていないだろう・・・どの業種も同じようなものである。
自分たちの金儲けのことしか頭にない・・・(苦笑)

私が小学1年生の時、祖父が鶏卵の生産をしていた。
夏休みなどには祖父の家へ行ってお手伝いをした。
私の仕事は、各鶏が卵を何個産んだのかをチェック表に書き込む仕事・・・(笑)
で・・・毎日やっていると、卵を産まなくなった鶏がわかってくる。
祖父に尋ねたら、産まなくなった鶏は“潰す”(殺す)という。
それでは、可哀想だということで、この“調査”を誤魔化した。(大笑)
今でも、当時の事をよく覚えている・・・
鶏舎の出入り口に一番近い列の左側、出入口から5~6番目にいた鶏である。
「ちゃんと産まないと殺されちゃうぞ!」と毎日声をかけても、産まないので・・・(笑)
隣りの鶏が3個くらい産んだ時に、その1個をお隣りさんのところに置いて、産んだことにしたのである。(大笑)
チェック表を見た祖父が首を傾げた・・・
「今まで何日も卵を産まない鶏が急に卵を産み始めるはずがない」と言う。(大汗)
あっさりと私の不正はバレた・・・(大笑)
何百羽もいるのにどうしてバレたのだろう?(苦笑)
不正をした理由を言ったら、「気持ちはわかるが、嘘はイカン!」と叱られた。(大汗)
祖父は元陸軍少佐、連隊長だった人なので厳しい・・・
生産実績をチェック表に書き込んで、それから卵を一つ一つ籠に入れて集め、それらを割らないように気を付けながら布で拭いて、箱詰めするのが私の“お手伝い”だった。(笑)
私が6歳の頃の話である。
懐かしい・・・

「頑張ってドンドン産んでちょうだい!」というのが当時の私の気持ち・・・
「産まなくなったら殺されちゃうからね!」・・・・である。
それが供給過剰で価格の暴落となっては、鶏も頑張り甲斐がないというものである。(苦笑)
卵を産んだから殺されちゃう・・・ということはあるまいが・・・(そうあって欲しいが・・・)(苦笑)
鶏はどうなるんだろう?

それにしても、安値安定が褒められるのでは生産者としても、やりがいが無いんじゃあるまいか?
なんで鶏卵は安いままなのだろう?
この調子だと、鳥インフルエンザが流行して大手を振って鶏を殺処分できたら“大助かり”ということになるのではあるまいか?
鶏の数が減れば生産量も減るから卵の価格は上がるだろう。
そうなったら鳥インフルエンザさまさま・・・である。(汗)
鳥インフルエンザ大歓迎では、おかしな話となる。

毎日の朝食で、必ず卵を食べている私としては・・・
生産者には倒産や廃業が出ないように、なんとか頑張って欲しいと祈るのみである。
スポンサーサイト





エッセイ | 22:32:37 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する