FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

県内公立校教職員の懲戒多発!
我が茨城県の公立学校の教職員の不祥事が後を絶たない。(唖然)
2018年度の懲戒処分者数は、1月21日現在で22人だという。
その数は、2016年度の21人を抜いて、過去10年で最多を更新している。

この不祥事の懲戒処分者数だが・・・・
監督責任での処罰も含まれているので、“実行犯”は果たして何人なのかはわからない。
下手すりゃ、学年主任、教頭、校長と連帯責任を取らされ、“実行犯”以外に3名が懲戒処分されれば、懲戒処分者数は4名となってしまう。
実際に“不祥事”を起こした“実行犯”は何人だろうか?

この不祥事の内訳・・・
一番多いのが、学校徴収金関連だという。
いわゆる横領か?
カネに目がくらんだのか?(唖然)
これは教員というより職員がやった“犯罪”かな?
呆れるのが、窃盗、住居侵入による窃盗未遂があること・・・
この連中は善悪の区別がつかないのか?
そういう奴が教職員に採用されていることが驚きである。
更には強制わいせつが、22人中、3人もいる。

この懲戒処分者22人中、講師や臨時教員が7人もいるという。
この7人の“犯罪”の内訳は公表されていないようだが・・・
強制わいせつや窃盗だけで6人もいるから・・・・
この講師など臨時教員7人のうち、強制わいせつや窃盗が6人だったら開いた口が塞がらない・・・(大汗)
どういう基準で採用したのやら・・・となるだろう。(大汗)

県内の全教職員は約2万5千人いるという。
その中の22人だから(1月21日現在で・・・本年度はまだ残っている)、大した比率ではないように見える。
が・・・うまく“もみ消した”ものもあるだろうから、実際は桁が違うかも・・・(大笑)

県教育委員会は不祥事根絶の対策に躍起となっているが、成果は上がっていない。(大汗)
講師や臨時教職員を対象にした研修会を開催したり、インターネットを活用した「eラーニング研修」を導入したり、更に今回は全教職員に教育長名で「緊急メッセージ」を発信した。
が・・・再三の注意喚起をしても不祥事が後を絶たないということは、今までのやり方が“小手先”の対処法だからではなかろうか?
どこかピントが外れているのではあるまいか?(苦笑)

そもそも教職員の採用段階に問題があるのではなかろうか?(臨時教職員も含め)(苦笑)
採用試験の成績ばかりに偏り過ぎているとか・・・
コネで採用しているとか・・・(苦笑)
コネでの採用は一概に悪いとは言い切れない。
仲介してくれた人の顔を潰さないように真面目に働く可能性があるが、それは昔のこと・・・(大笑)
今は、義理も何も関係ない・・・入ってしまえばこっちのもの・・・と勝手気ままな連中が多いのでは?(大笑)

私の中1の担任だった男性教諭は、女子生徒から「変態」扱いされていた。
とにかく女子生徒の体を触りたがるので嫌われていたのである。
他の中学校へ移動後、この教師は「わいせつ行為」で懲戒処分を受けた。
多分、クビになったと思うが・・・
このように、問題を起こす前に“兆候”があるのである。(大汗)
我が知人は、昔、勤め先のカネを横領したことがあったが、その時は親が弁償して不問とされた。
そのため“記録”には残っていないので、前科がないことになっている。
で・・・その後は悔い改めて二度と繰り返さなかったかと言うと、さにあらず。
数年後に再び横領を行った。
全く反省していなかったのである。(唖然)
「将来のある身だから」と穏便に済ませても、本人にとってはラッキー・・・というだけの話。
窃盗をする教職員などは、採用以前にも同様の事をしていた可能性がある。
懲りない奴は多い・・・
こういう連中は、研修や注意喚起などで改まるものではあるまい?
根本的にシステムを変えるしかないだろう。
例えば、採用後3年間は試用期間で、教職員として不適当であると判断されたら、即刻解雇されるとか・・・(苦笑)
現行では、一度採用されたら身分が保証され、不祥事を起こさない限り解雇できないのでは?
事前に、“危ない連中”を排除するには、こういう手段を考えねば不祥事の撲滅は無理ではなかろうか?
常に“時限爆弾”を抱えていたのでは・・・(大汗)
そのうち、校長などの管理職になる人がいなくなるかも・・・(大笑)

根本的な“改革”をしないと、この問題は無くならないような気がする。
スポンサーサイト





エッセイ | 12:27:46 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する