FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『日本テレビとCIA』


主な登場人物

文庫版へのまえがき
原発導入と正力松太郎
   東北・関東大震災と原発
   ポダルトン工作と「原子力を平和に」
   中曽根と原子炉予算
   第五福竜丸事件とアメリカの心理戦
   正力は原子力カードを握った
   「ポハイク工作」と「原子力平和利用博覧会」で反米・反原子力世論を転換
   アメリカと決裂し、イギリスを頼る
   国策民営の起源

序章 
CIA正力ファイルの発見

第1章
日本テレビ出生の秘密
   反共通信網としての日本テレビ放送網
   説明会に出席していた諜報・情報関係者たち
   ジャパン・ロビーの性格
   第三グループの戦略情報局OB
   そしてGHQの情報将校たち
   ポダアム(正力)とポハイク(日本テレビ)
   神話としての日本テレビ創設物語

第2章
反共スキームに飲み込まれた正力構想
   カール・ムントという男
   電波の冷戦
   ヴィジョン・オヴ・アメリカ構想の発表
   マッカーサーの冷たい反応
   アメリカは「戦犯容疑者」正力に好意的だった
   目的が娯楽から反共へ

第3章
日本テレビとジャパン・ロビー
   ジャパン・ロビーの人脈
   ジャパン・ロビーは反共・親日
   天皇制を擁護したジャパン・ロビー
   「逆コース」の達成

第4章
心理戦のプロ集団ドゥマン・グループ
   ジャパン・ロビーの実働部隊
   大蔵官僚への士気工作
   ドゥマン、CIAに援助を要請

第5章
正力ロビーを操ったジャパン・ロビー
   正力ロビーが変えたテレビの既定コース
   アメリカ方式導入を命令していた吉田茂
   吉田の一元的メディア複合体構想

第6章
CIAを引きずりこんだドゥマン士気工作
   スパイから見たドゥマンの士気工作
   ヨーロッパでのCIAの反共工作
   ラジオ重視だったCIA

第7章
密約の崩壊
   国務省はホールシューセンを黙殺した
   アメリカの外交・情報政策の激変
   焦る正力、ごまかすホールシューセン
   正力とホールシューセンをつなぎとめた「失われた環」

第8章
かくしてCIAと日本テレビはリンクした
   W作戦の破綻と日本テレビ
   菅原の背後にはドゥマン

第9章
1000万ドル借款バトル始まる
   ホールシューセンの妨害が激化
   CIA秘密資金で軍事通信網を建設せよ
   上院外交委員会VS大統領・CIA
   借款の推薦状は手に入れたが

第10章
日本テレビ開局と怪文書
   ついに日本テレビ開局
   怪文書騒ぎと国会論争
   正力の国会参考人招致
   反正力の政治的潮流
   リークの真犯人は吉田

第11章
吉田、正力つぶしに動く
   なぜ吉田は電電公社支持に変わったのか
   正力・吉田・梶井間の了解の中身
   2500万ドル借款で1000万ドル借款を潰せ
   正力・鳩山・重光VS吉田・犬養変則タッグマッチ
   キャッスルが電電公社支持に回る

第12章
電電公社の逆襲
   電電公社に乗り換えたアメリカ
   吉田と正力の新たな密約
   電電公社に凱歌

終章
心理的再占領体制下の日本
   日本テレビは心理戦に組み入れられた
   「対日心理戦略計画」
   1953年前後のCIA
   日本の協力者たち
   「対日心理戦のエース」としての日本テレビ
   CIAの資産としての正力
   アメリカの利権としてのテレビ
   ドゥマンの呪縛はいつ解けるのか

あとがき

文庫版あとがき



引用・参考文献
   第一次資料
   第二次資料
   英語文献


今年の読書:39冊目

スポンサーサイト





読書 | 21:29:38 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する