FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

「残虐な犯行」なのに無期懲役?
2004年に我が茨城県で茨城大学農学部の女子学生が殺された事件・・・・
水戸地裁で裁判員裁判判決公判が開かれ、求刑通り無期懲役が言い渡された。

被告はフィリピン国籍の37歳の男・・・
現在国際手配中のフィリピン人の男2人と一緒に、偶然見かけた、この女子大生を車内に連れ込みレイプ・・・
その後、カッターナイフで首を切って殺害・・・
そして、川に捨てた・・・

水戸地裁は・・・・
「屈辱や恐怖、苦しみは筆舌に尽くしがたい。執拗、残虐な犯行で殺意の強固さも明らか」と指摘した。
が・・・求刑が無期懲役だったためだろう、求刑通り無期懲役ということになったらしい。
無期懲役は終身刑とは違うはず・・・
適当な時期にノコノコと娑婆に出てくるのではあるまいか?

言葉では「筆舌に尽くしがたい」とか、「残虐」と言いながら・・・・無期?
レイプ、殺人、死体遺棄をしてるのに・・・(唖然)
死刑じゃないのか?
日本の法曹界は、少しおかしいんじゃないか?
だから、裁判員制度が導入されたのだろうが、求刑以上の刑は課せられないのだろうから意味はないのでは?

弁護側は被告は「ナイフで1回しか切り付けていない」と弁護したとか・・・
回数の問題か?(唖然)
どういうオツムをしているのやら・・・(大汗)

被告は量刑を不服として控訴したという。
「共犯の2人より比べて自分の役割は軽いと思う」と訴えているそうだ。
主犯格だろうとなかろうと、レイプして殺害して捨てたことは間違いないのなら、重いも軽いもなかろうと思うのだが・・・

日本は「優しい国」である・・・
特に被害者家族にではなく犯罪者に優しい・・・(大汗)

その昔・・・TVドラマの影響か・・・「倍返し」という言葉が流行った。(苦笑)
日本国民に対して犯罪を犯した外国人は「倍返し」してもいいんじゃあるまいか?(大笑)
日本で犯罪を犯すとひどい目に遭うぞ・・・・ということにしないと・・・
こういう外国人による犯罪は抑止できないのではなかろうか?(苦笑)
まぁ、国籍で差別したのではマズイだろうが・・・(大笑)
犯罪者が日本人だろうと外人だろうと・・・犯罪者に甘すぎるんじゃなかろうか?
スポンサーサイト


エッセイ | 16:52:23 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad