FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

今頃、中国依存のリスクを懸念?
米国は8月成立の国防権限法で、中国企業の対米投資や取引が安全保障上の脅威とみて監視を強化し・・・
中国の「華為技術(ファーウェイ)」と「中興通訊(ZTE)」の2社を「中国情報機関と関連がある」として、この2社の製品の米政府機関での使用を禁じたという。

何らかの“事実”があったから、公表したのだろう。
こちらの「防諜能力」「情報収集能力」などの手の内を見せることになるから、証拠は公表しないだろうが・・・
この中国企業は、かなり汚いことをしたに違いない。(苦笑)

中国という国は、我々“西側”の国々と違って、共産党の一党独裁の国なのである。
「人権」も「人命」も軽んずる国である。
「人命」に関しては、これは共産党だからというより、中国の民族性かもしれない。(大汗)
戦時中、日本軍の駐屯地を攻撃した“中国兵”たちは、戦死した戦友の遺体の回収をしなかったという。
このため、日本軍の駐屯地の周辺には白骨化した中国兵の遺体がゴロゴロと放置されて気味が悪かったと従軍経験者から聞いたことがある。
日本軍なら何とか戦友の遺体を回収しようとするそうだが、かれらには“戦友”という意識はないらしい・・・(大汗)
自分さえ良ければいい・・・という民族なのだろう。

その中国を自分たちと同等の国家だと思って“お付き合い”してきたのだからお目出度い・・・(苦笑)
今頃になって、ようやく情報漏洩や安全保障上の懸念から警戒感を強めるとは・・・
ちょっと遅すぎるんじゃなかろうか?(苦笑)

過去の事例でも国際法など完全無視するような行いをしている“無法者”である。(苦笑)
国家に逆らえば身柄を拘束して、死刑にすることも平気な連中である。
中国企業が、その国家権力の下にあることは常識として考えるべきだろう。
となると・・・取引先の情報も個人情報も、場合によっては国家の情報も全て漏洩して、中国のために利用されてしまうというのは、よほどの馬鹿じゃなければ想像つくと思うのだが・・・
なぜか、今までずっと“お付き合い”をしているのである。(唖然)
カネに目がくらんでのことかな?(大笑)

いくらカネになるからといって、ヤクザと付き合う奴はいないと思うのだが・・・
後々、面倒なことに巻き込まれるのは明白だろう?
何でそういうことがわからないんだろう?(苦笑)

EUも「注意しなければならない」と言い、ニュージーランドでも第5世代(5G)の移動通信システムの整備では中国製品を排除する方針だという。
で・・・日本は?
となると・・・ちょっと“お寒い状態”のようである。
相変わらず、中国に媚びている感じ・・・(苦笑)
対中関係上、表立っての規制や禁止はできないということのようで、腰が引けている様子・・・(苦笑)
米国のように、露骨に「禁止」を宣言しなくてもいいだろうが・・・(大笑)
陰でうまくやってもらいたいものだ。
そうでなければ、怖くて携帯電話もインターネットも使えない・・・
ネットバンキング、仮想通貨なんて、もっての他だろう。
もしかしたら・・・既に手遅れか?(大笑)
日本政府も国民も、すでに中国に“人質”を差し出しているんだから、今さら何もできないか・・・(大汗)
スポンサーサイト





エッセイ | 20:09:11 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する