FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

レイテ島関係の講演会に行く
今日、講演会を聴きに日帰りで上京する。

『大東亜戦争と南方の英霊』と題した講演会で・・・
4人の講師が、それぞれ講演するらしい。
先日、基調講演をされる“シゲマツさん”から「是非、聴きに来てほしい」とご案内を頂いたので、出かけることにした。

img248_convert_20190603150423.jpg

講演が始まる前、会場で“シゲマツさん”にご挨拶・・・・
すると・・・
「もし間違ったことを言っても、突っ込みを入れないで下さいね」と言う。
「え?・・・異議あり!・・・って手を挙げちゃダメってことですね?」と拙者
「勘弁してくださいよぉ~」と大笑い
周囲の人たちからも笑いが起こった・・・(汗)
「あなたの方が、本当は詳しいんだから・・・いやぁ~やりづらいなぁ~」とおっしゃる。
へっ?・・・である。(苦笑)
“シゲマツさん”は拙者より二回り近く年上の方である。
何も、そんなに拙者に気を使わなくてもいいのに・・・(汗)
しかも、呼んでおいて「やりづらいなぁ~」って、どういうこと?(大笑)

氏は、別の場所でも何度か講演をしたことがある方であるが、つい、こちらが笑ってしまうほど緊張しまくっている。(笑)
4人が連続して講演するので、持ち時間が少ないことも原因の一つかもしれない。
ついつい話が長くなったら、一番最後の講師は持ち時間が無くなってしまう。(大笑)
時間を意識しながらとなると、なかなか大変なのである。

以前、地元のロータリークラブから講演を頼まれたことがある。
持ち時間は20分、質疑応答を入れても必ず30分以内に収めてくれと何度も釘を刺された。(大笑)
20分間というのは、講演としては非常に短い・・・
余計な話をしたら、あっという間に時間が過ぎて、肝心な話が出来なくなる。
というわけで・・・「つまり・・・」とか「分かりやすく言えば・・・」とかという言葉は全て無くして講演することに気を使った。
「つまり・・・」と言うことは、同じ話を二回することになってしまうからである。(笑)

私の場合は、この時、構成を5つの話で構成した。
自己紹介、戦友会の活動、フィリピンの反日感情、フィリピンの共産ゲリラ、遺骨収集の5つ。
1つの話は約4分で済ませねばならない。
青年会議所にいた時、何度か「3分間スピーチ」というのをやったことがある。
いきなり“お題”を出されて、そのテーマについて、3分間でスピーチをするのである。
恐ろしいことに、この時、拙者はピッタリ3分間でスピーチを終えた!(自慢話である!)(大笑)
単なる“まぐれ”だったのだが・・・会場からは、どよめきと大拍手。(大笑)

こういう経験をしているので、ついつい、“シゲマツさん”の講演も、内容より構成の方が気になって仕方がない。(苦笑)
氏の場合も、20分程度の講演である。
う~ん・・・大丈夫かぁ?・・・その調子だと、時間が足りなくなるんじゃないか?・・・とハラハラ、ドキドキ・・・
こうなると、何をしに拙者は講演を聴きに来たのやら・・・である。(大笑)

010_convert_20190603153949.jpg

氏は「レイテ戦」について講演をされたが、レイテ島での戦闘について、あまり知らない人にとっては貴重なお話が聴けたのではないかと思う。
無事、講演会も終え、その後、懇親会も用意されていたようだが、そちらは断り、氏に挨拶をして帰宅する。

会場では、旧知の方々と何年か振りかでお会いできたし・・・
「講演」の構成のお勉強にもなったし・・・
結構、有意義な時間が過ごせた。
ご案内をくださった“シゲマツさん”に感謝・・・である。(笑)
スポンサーサイト





日記 | 15:01:21 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する