FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

千葉県の銚子に行く
拙者が編集・発行している戦友会の会報・・・
昨年はサボってしまい未発行・・・(大汗)
今年も発行しなかったら・・・ちょっとマズイ・・・(苦笑)

が・・・ここで問題が・・・
表紙に使う、適当な写真がないのである。
この表紙に使う写真には、いつも悩む。

以前から、千葉県の銚子に「日比友愛の碑」というのがあるというのは知っていたので・・・
この碑の写真を表紙に使おうと思い立ち、思い切って、今日、写真を撮りに出かけることにした。(笑)

千葉県の銚子の犬吠埼に灯台がある。
この灯台には拙者が小学生の時に家族で行ったことがあるような、かすかな記憶がある。
それ以来の銚子行き・・・ということになるか。(笑)

我が愛車の純正のカーナビは地図が古い上に調子が悪い。(汗)
純正のカーナビは「最新のCD」を買っても、データが最新になっていないことが多い。
とっくの昔にバイパスが出来上がっているのに載っていないとか・・・(大汗)
ということで、新たに外付けのカーナビを買った。(笑)
こいつがあれば、無事に目的地に着くであろう。(笑)
やっぱり、カーナビはカーメーカーの純正の物より専門のメーカーの物の方が良さそうである。

長距離のドライブは緊張するので、できればやりたくないのだが・・・
銚子は我が家から電車で行くには不便な場所で、かなり時間がかかるようなので、泣く泣く自家用車で出かけることにした。(苦笑)

我が家から銚子まで、約3時間のドライブ・・・
車の運転が好きな人にとっては、3時間のドライブなんて、ドライブのうちに入らないだろうが・・・(大笑)
こちらは、見知らぬ道路を走るのは苦手・・・
ナビに従い、必死にハンドルを握っての運転・・・
ドライブなんて、何が楽しいやら・・・である。(大笑)

途中のコンビニで肉まんを買って昼食とし、一息ついて、再び運転・・・
景色を見ながら運転するなんてできないから、面白くない事この上ない・・・(大笑)

ようやく「地球の丸く見える丘」に到着!(ホッ!)

144_convert_20190520173233.jpg 145_convert_20190520173302.jpg

丘に登り、碑の所に行って唖然・・・

146_convert_20190520174219.jpg 148_convert_20190520174247.jpg

逆光なのである!(大汗)
碑はフィリピンの方向を向いて建っているということは知っていた。
ということは・・・南向きである。
で・・・拙者の想像していた構図は、この碑と太平洋を一緒に入れて・・・というものだったのだが・・・
南を向いて写真を撮るわけなのだから逆光になるという事は当然である!(大汗)
しかも昼過ぎに行ったのでは・・・(大笑)
馬鹿である・・・(涙)
しかも、お天気がいい・・・
今日は天気が良いから出かけようと思ったのだから、かなりの馬鹿である。(大笑)
曇りの日にすべきだったのに・・・
とにかく、太陽が少しでも雲に隠れるタイミングを捉えて撮影することにする。(涙)
このため、馬鹿みたいにボケッ~と碑にところに佇み続ける。
ようやく、絶好のシャッターチャンス!・・・と思ったとき・・・
そういう時に限って、他の観光客が碑のところに立ってしまうのである!(唖然)
しかも、アベック・・・
アベックは、なかなか移動しない・・・(大涙)
「どいてくれ!」とも言えず、次のチャンスを待つことになる・・・(大涙)
会報の表紙の写真に、どこの誰だかわからんアベックが入ったのでは・・・ちょっとねぇ~(苦笑)
人物が入れば碑の大きさがわかるだろうが・・・
人物は入れたくない・・・(苦笑)

そのうち、中年のオッサン、オバチャンたちの団体が・・・
ゲゲゲッ!
碑のところに座り込んで日向ぼっこ(?)
全く動く様子がない・・・(大涙)
普通、カメラを手にした人が立っていたら、「もしかして写真を撮ろうとしているのかな?」と気が付いていいはずだが・・・
そういう気遣いは、オッサン、オバチャンには無い・・・
「何してんの?あの人・・・」という顔をして、こちらを見るが・・・動かない・・・(涙)

よくお城などに行った時に、よく同じ趣味の人に出会うことがある。
例えば大手口を少し離れたところから石段、石垣を含めて撮ろうとしてカメラを持って佇んでいる人・・・
拙者のことが邪魔だと気付いたら、相手に手を挙げて合図を送り、拙者は物陰に隠れることにしている。
で・・・チョコっと顔を出して・・・OK?
すると、相手も手を挙げてチョコンと頭を下げてくれる。
お互いに、どういうアングルで、どういう写真を撮りたいかがわかるから・・・
気遣いをしてあげるが・・・・
滅多にそういう人に出会うことはない・・・(大笑)

平成12年に九州の唐津城に行った時の事・・・
「唐津城」と刻まれた石碑を天守閣をバックに撮影しようとするカメラマンたちが6~7人カメラを手に佇んでいた。(笑)
石碑のところで親子が遊んでいて、誰もシャッターが押せないのである。(大笑)
しばらく待っていたが、立ち去る気配がない・・・
これでは時間の無駄である。
仕方がないので、この親子に声をかけた。
「あのぉ~すみませんが・・・皆さん、この石碑の写真を撮りたくて待っているんですが・・・ちょっとの間、ここから離れてもらえますか?」
ようやく、この父親は周囲をカメラマンに囲まれている理由が分かったらしい・・・(大笑)
「あっ!すみません!」と言って動いてくれた。(笑)
で・・みなさんに、「はい、どうぞ!撮りましょう!」と言ったら、みなさん笑い出し「どうも!」「どうも!」と一斉にシャッターを切り始めた。(大笑)
「唐津城」と聞くと、あの時のことを思い出す。

が・・・他人に気遣いなどをしないのが今の世の中である。
気を遣ってくれ・・・というほうが非常識なのだろなぁ~
ようやく、苦労して、何とか使えそうな写真を撮る。(大汗)

ちなみに碑文は元総理大臣の岸信介である。

153_convert_20190520175515.jpg

とりあえず使えそうな写真は撮れたので・・・・
碑のすぐ後ろにある展望館に行ってみる。

156_convert_20190520175751.jpg

館内には「ジオパーク」に関する展示などがあった。

169_convert_20190520215209.jpg

建物の屋上は展望台になっていて、太平洋が見渡せる。

164_convert_20190520215547.jpg

が・・・う~ん・・・地球が丸く見えるかどうか・・・(苦笑)
拙者の目がおかしいのか?(笑)

上から「日比友愛の碑」を見てみる。

165_convert_20190520215643.jpg

このアングルの写真では表紙には使えないなぁ~(大笑)

167_convert_20190520215721.jpg 168_convert_20190520215748.jpg

遠くに灯台が・・・
もしかして、あれが「犬吠埼灯台」か?
あんなに小さかったっけ?(苦笑)
もっとも、50年くらい前の記憶だからなぁ~(大笑)

館内の喫茶コーナーでコーヒーを飲んで一息つき・・・
1階のお土産コーナーで、お買い物・・・(大笑)
拙者は、滅多に「お土産」なんて買わない。
親父が生きている時は親父にお土産としてお菓子を買ったりはしたが・・・
ついに、行動パターンが変わった・・・
買って帰るのは・・・「おかず」!(大笑)
昼食や夕食の「おかず」になりそうなものを買って帰ることにしたのである!(大笑)
いつも同じスーパーで買い物をしているので、飽きるのである。
たまには、同じ缶詰でも、変わった缶詰を買ってみたい・・・(大笑)
そういうわけで、ごっそりと食料品を購入する。(大笑)
お店の人が呆れているように見えたが・・・気のせいかな?(大笑)

時刻は午後3時・・・・
この公園の駐車場に車を止めたまま、近くの「賢徳寺」に徒歩で向かう。
車などで行ってウロウロするより徒歩で移動した方がよい・・・
しかも普段の運動不足解消に少しは歩かねば・・・(笑)

174_convert_20190520221448.jpg(賢徳寺)

以前読んだ本に、このお寺に「リカルテ将軍」の碑があると書いてあったので、このお寺を訪問した。

175_convert_20190520221545.jpg 176_convert_20190520221643.jpg

碑は墓所の隅っこに建てられていた。
「リカルテ将軍」「高山右近大夫長房」「キリノ大統領」の3人の名が刻まれた碑だった。

「リカルテ将軍」はフィリピン陸軍の父と言われた人。スペイン統治時代にはフィリピン革命のためスペインと戦い、その後、アメリカの統治時代にはアメリカに逆らい、日本にも亡命したこともある。太平洋戦争末期にはフィリピンにいたが、フィリピンからの脱出を日本政府から勧められたが、これを断り、敗走する山下奉文大将と行動を共にしたが、終戦前に病死された。
「高山右近大夫長房」とは、キリシタン大名の「高山右近」のことだと思う。
なんで「右近大夫長房」と刻んだのかは知らないが・・・
徳川家康のキリシタン国外追放令でフィリピンに送られ、マニラに到着して間もなく亡くなった。
マニラのパコ駅前の公園に銅像が建っていて、2度ほど、そこに行ったことがある。
確か「高山右近の墓」と刻まれた碑も建っていたと記憶しているが、埋葬された右近の遺骨は現在も行方不明のはずだから、あれが墓のはずはないよなぁ~と思う。
「キリノ大統領」はフィリピンの第6代大統領。第2次大戦後の「フィリピン共和国」では2番目の大統領。戦後間もない頃の反日感情の強い中、日本人戦犯に恩赦を与え日本に帰国させたことで有名で、拙者が生まれる4年前にこの世を去っている。

この3人の日本とゆかりの深い人物の名前が刻まれた碑(顕彰碑かな?)がポツンと建っているだけだった。
特に由来などを説明した案内板もない・・・
知る人ぞ知る・・・という感じかな?
ちょっと残念・・・

これで今日の目的は果たした。
帰宅前に、いつもの「一石二鳥」を狙う。
法人会の会報に連載している「全国税務署巡り」のコラム記事を書くため、「銚子税務署」の写真を撮りに向かったが・・・
税務署は意外にも細い路地に面した場所に建っていた!(涙)
というわけで・・・車を停めることが出来ず、車から降りて写真を撮ることができなかった・・・(涙)
まぁ、仕方がないか・・・と諦めて帰途につく。
「一石二鳥」がうまく行かないときもある・・・(大笑)

今日は、充実した一日が過ごせた・・・
大満足である。(大笑)
スポンサーサイト


日記 | 12:16:35 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad