FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

鳥取大会
328_convert_20190503170709.jpg 327_convert_20190503170744.jpg

式典会場の「とりぎん文化会館」に戻り、登録の受付・・・
ここで、ネームタグと資料と引換券をもらう。
引換券は500円の商品券が2枚・・・
会場の中でやっている物産展で、1000円までの買い物ができる。(喜)
これは、毎度のこと・・・どこで全国大会が開催されようと、この特典はつくのである。(笑)

で・・・早速、物産展会場へ・・・
拙者は毎回、物産展で事務局用のお土産を探して、この引換券と交換する。
事務局は、いつもお留守番・・・(大笑)
年に一度くらいは良い思いをしてもらおうと思い、事務局にお土産を贈ることにしている。
で・・・この500円券2枚は、いわば“呼び水”で・・・
さらにお買い物をするわけ・・・(苦笑)
さて、何かないかと、キョロキョロ、ウロウロ・・・
試食、試飲をしながら会場を歩く・・・
と・・・気が付いた・・・
いつも親父に何か甘いものをと・・・お土産を買うのだが・・・
あ・・・親父は死んでいるんだっけ・・・(苦笑)
う~ん・・・お土産を買っても仕方がないな・・・(苦笑)
どうも、いつもの行動パターンを取ってしまった自分に苦笑い・・・

事務局へのお土産を宅急便で送り、続いて会場の座席の確認・・・
資料によれば、全国から410の法人会が集まり、その人数は、約1600人である。
会場は各都道府県別に座席が決まっている。
我が茨城県の座席は、おおよそ60席ほどか?
ここを確認して、次には我がメンバーの記念撮影場所を決めるため会場入り口に戻る。
なにせ、証拠写真を撮らねば・・・
撮影場所2カ所ほどを決めて、後発の会長たちを待つが・・・・来ない!(唖然)
午後2時から記念講演会が始まるというのに・・・
残り10分である!(大汗)

と・・・雨脚が強くなったところに傘もささずに会長たちが歩いてやってきた・・・(唖然)
途中までアーケードだったので傘を持たずに来たという。(唖然)
早速、会場入り口と会場の中の既に決めておいた場所で、大会スタッフにカメラを渡して急いで記念撮影!
そら、急げ!
「で・・・座席はどこ?」と広報委員長・・・
「こちらです!急いで!あと5分!」と拙者・・・(大汗)

ギリギリで、会場に入り、座席につく・・・・
もう、相変わらずのんびりしているんだから、こっちとしては心臓が止まる思いである。
なにせ、広報委員としては、証拠写真の撮影をしくじったら、会報に記事が書けないからねぇ~

記念講演は、(株)「大山どり」の島原社長が『大山どりの奇跡~35歳、どん底からの挑戦~』と題して行なった。
で・・・・常任理事は途中退席し・・・我が広報委員長は寝息を立てている・・・(大汗)
こっちは写真を撮りながら、講演の内容をメモするので、忙しい・・・・
ウトウトなんかしていられない・・・(汗)

講演会の後に20分ほどの休憩・・・・
この間に、広報委員長を物産展に案内して、お土産を買ってもらう。(笑)

委員長の買い物のお付き合いをして、相変わらずギリギリで式典に間に合う。(大汗)

346_convert_20190503173610.jpg

来賓の祝辞・・・
最初に、平井鳥取県知事が挨拶に立った。
この人は話が上手である。
最近の首長さんは挨拶が上手な人が多い気がする。(笑)
この大会の関係役員や他の来賓の方々等、十数名(いや、数十名かも?)の肩書とお名前を何も見ずにスラスラと口に出したのには会場が騒然となった。(驚)
で・・・ご本人は・・・「先ほど名刺を交換しまして・・・」とケロリと言ってのけた。
いやぁ~その記憶力の良さには会場の誰もが驚いたことだろう。
これで一気に会場にいる参加者を“掴んだ”のである。(唖然)
いやぁ~すごい・・・の一言・・・
挨拶も、面白い・・・
「鳥取にはスタバはないけど、砂場はある」の名言で有名な知事である。
続いて挨拶に立った市長の代理の方(名前を失念)は開口一番「知事の後はやりずらい」を連発して笑いを取った。
しかし、この方も話が上手だった。

広報委員としては、会報に載せる記事を書かねばならないので必死でメモを取る。
実は拙者は、こういうメモを取るというのが苦手なのである。
話を聞いているうちメモを取るのを忘れてしまい・・・あとになってから何の話だったか思い出せないという事がしばしば・・・(苦笑)
今回は、そういうわけにはいかない・・・
なにせ広報委員長は再び寝息を立てて寝ているし、他の二人も中座したまま戻ってこない・・・(唖然)
つまり、話を聞いている人は拙者一人しかいないのである!(涙)
後になってから他のメンバーに話の内容の確認を取るということが出来ないのである!(大汗)

メモを取りながら原稿の素案も考える。
見開き2ページぐらいのスペースに写真数枚と原稿・・・・
記念講演会の内容と、来賓の挨拶を含めた式典内容だけの「報告書」では面白くない・・・(笑)
最後に“オチ”を作らねば・・・(笑)
拙者がいつも心がけるのは、記事の中に面白い“オチ”を入れることなのである。(大笑)
ただの事実の羅列では読んでいても面白くあるまい?

式典後は会場を別の場所に移して「大懇親会」が開催されるが・・・
我々は参加しない・・・(苦笑)
毎度のことなのだが、誰も行こうとしないのである。(汗)
どうせ混んでるし・・・食べ物は少ないし・・・ということらしい。
拙者としては、「大懇親会」にも参加して、その様子の写真を撮り、アトラクションなども記事に書きたいのだが・・・
皆が行かないなら拙者一人で行ってもねぇ~・・・・と断念・・・・(涙)
ということで・・・会報の記事は記念講演会と式典の話だけで作らねばならぬこととなった・・・(大汗)

大懇親会には行かず、一度、本日宿泊のホテルに戻る。
拙者も、ようやくチェックイン・・・
一休みして、4人で夕食を食べに出かける。
すでにお店は予約済みだという。
そういうところは手早いんだよなぁ~(苦笑)

会長が「それで・・・会報の記事は誰が書くことになっているの?」とご質問・・・
「え?当然、広報委員長でしょ?」と拙者
「おい、おい、君が書くんだろう?」と委員長・・・
「いやぁ~広報委員長を差し置いて私が記事を書くなんて・・・そんな恐れ多いことは出来ません!」と拙者。
「委員長が寝息を立てて寝ていたから、記事は大丈夫かなと思って・・・それで聞いたんだけどね」と会長。
「えっ!うそ!」と委員長が大慌て・・・(大笑)
「委員長・・・とうぜん、メモを取っていたんでしょ?」とからかう。

食後はネオン街に繰り出し、ちょっと飲みに・・・・
これは会長の意向を最優先・・・
大会委員会から配布されたナイトマップで、飲みに行くスナックを決めていたようである。(唖然)
どうして、こういうことはテキパキとできるのかね?・・・この人たち・・・(大笑)

2軒目のお店は行き当たりばったり・・・(会長がホテルに帰りたがらない・・・)(大笑)
支払いは割り勘だが、この2軒目の拙者の支払いはしなくていいと委員長が言う。
「え?なんで?」
「原稿料!ねっ、原稿料ということでさぁ~・・・ここは僕が払うから・・・」と委員長。(大笑)
「え?そうですかぁ~・・・そういうことであれば、仕方がないなぁ、私が原稿を書きましょう!」(大笑)
どうせ、拙者が原稿を書くことになるのは最初から明白なのだが、こういう気遣いをしてくれるから、広報委員長は憎めない。(大笑)

スナックを2軒ハシゴして日付が変わった時刻にホテルに戻り・・・解散!(笑)
お疲れさまでしたぁ~
スポンサーサイト





旅行 | 17:01:56 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する