FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

吉田貞先生之碑
285_convert_20190428162216.jpg

281_convert_20190428162419.jpg

吉田貞先生之碑

吉田貞先生ハ士族ノ家ニ生ヲ享ケ厳格ナル躾ノ下ニ人ト
ナリ遂ニ淑徳高キ婦人トナラレタ  先生ハ明治三十三
年掛出町ノ自宅ニ裁縫女塾ヲ開キ近クノ子女ヲ集メテ教
育サレタガ明治三十八年日露戦役後将来ノ女子教育ハ其
普及ト向上ニアルコトヲ痛感サレ同年県ニ申請シ茲ニ始
メテ女学校トナツタ  先生ノ教育方針ハ単ナル裁縫教
授ニ止マラズ之ヲ通シテ婦徳ノ涵養技能ノ錬磨ニアツタ
先生ノ教化ハ年ト共ニ益々深潤シ理想ノ実現ニ近ヅキツ
ツアツタガ惜ムベシ大正十一年十月十八日逝去サレタ
先生ハ本校教育ノ開祖デアルト共ニ女子教育ノ先覚者デ
アツテ其功績ハ洵ニ顕著デアル  依て茲ニ碑ヲ建テ先生
ノ遺徳ヲ永遠ニ伝エル

昭和四十年鳥取家政高等学校六十周年ニ当リ清香会建之
   撰文 学校長岡本久八
   揮毫      蔵光 工

(碑文より)


279_convert_20190428161908.jpg

吉田貞先生

 先生は明治33年市内掛出町の自宅に
裁縫塾を開かれ38年には鳥取裁縫女学校
を設立されついで44年鳥取技芸女学校と
改称されました先生はまた初代校長として
「婦徳の涵養人格の完成」を建学の精神に掲げ
単に裁縫の指導にとどまらず徳育を重んじ
有能な日本女性の育成に献身努力され現在の
素晴らしい校風の基礎を築かれました
 先生は大正11年10月18日53才の若さ
で惜しまれつつ逝去されました

本校創立百周年に際し同窓生
一同相はかり先生の御徳をたたえ
頌徳の像を建立したものです
 平成17年10月
鳥取敬愛高等学校清香会

(碑文より)


【鳥取県鳥取市西町1-111・鳥取敬愛高等学校】

スポンサーサイト





史跡 | 11:48:58 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する