FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

野口雨情の詩碑
244_convert_20190416002422.jpg 245_convert_20190424131645.jpg

雨情詩碑

春のあけぼの  花なら桜
   武士の鑑ぢや  赤穂義士
                     雨情

この碑文は、昭和11年、民謡行脚の道すがら、4月18日から3日間赤穂に滞在し試作した十節よりなる赤穂民謡の冒頭第1節(雨情自筆写刻)。

野口雨情・明治15年(1882)-昭和20年(1945)。
茨城県生れ。
「十五夜お月さん」「青い目の人形」「船頭小唄」「波浮の港」の作者。

(説明板より)


【兵庫県赤穂市加里屋1992番地・花岳寺】

スポンサーサイト





史跡 | 16:28:21 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する