FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

義士宝物殿
084_convert_20190402150341.jpg

義士宝物殿の由来

この建物は、大正の初め湊川神社の宝物館として建設されたもので、かつては国宝の法華経奥書を始め、大楠公由縁りの宝物が展観され、昭和20年の神戸大空襲に遭っても唯一つ戦災を免れた、由緒深い建物である。

面積は約90平方メートル、桧材木造千鳥破風屋根入母屋造りの唐破風車寄平屋建てで、屋根瓦は菊水の紋そのままに再現され、内部には大石家に相伝する討入関係遺物を始め、義士由縁りの宝物が展示してある。

先に神門が移され、其後またこの建物が移築され、楠公さんと大石さんの二大忠臣義士を結ぶ絆は、いよいよ強いものがある。

(説明パネルより)


【兵庫県赤穂市・大石神社境内】

スポンサーサイト





史跡 | 12:43:07 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する