FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

大石邸長屋門
043_convert_20190404195810.jpg

大石邸長屋門

この門は、浅野家筆頭家老大石内蔵助の一家3代が57年にわたり住んでいた大石屋敷の正面門長屋である。
門口約26.8メートル奥行約4.8メートルの建物で、屋根瓦には双ツ巴の大石家の定紋がついており、元禄の昔に思いを馳せ、内蔵助の偉業を偲ぶ唯一の建物となっている。
かつては、内蔵助と主税の父子が朝夕出入りし、又元禄14年3月主君の刃傷による江戸の悲報を伝える早打ちがたたいたのもこの門である。
安政3年(1856年)に大修理が行われ、大正12年国の史跡に指定された。
更に昭和37年に屋根の大修理を行ったが老朽甚だしく、昭和52年11月から国、県及び市の負担により、総工費3,138万余円をかけて全面解体修理を行い、昭和53年10月末に復元完了した。

赤穂義士会

(説明板より)


【兵庫県赤穂市・赤穂城内】

スポンサーサイト





史跡 | 12:21:52 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する